HOME > お客様の声

お客様の声

お客様の声

日本マイクロソフト株式会社
政策企画本部 渉外・社会貢献課長 龍治玲奈様

被災地支援事業に関してSROIを用いた第三者評価をお願いしました。ビズデザインの皆さんは、当初から難しいといわれていた“被災者一人一人のエンパワメント”というソフト支援の分野について、私ども関係者への丁寧なヒアリングと、経験に基づいた周辺環境の調査を通じて、評価の指標を立て、丁寧な視座を下さる進め方が印象的でした。評価結果だけでなく、そこに至る過程でのさまざまな議論を通じて、どのような点に課題があり、或いは、どこにリソースを集中するべきかという“学び”をいただけました。


じゃらんリサーチセンター
センター長 沢登次彦様
(株式会社リクルートライフスタイル)

じゃらんリサーチセンターは国内旅行に関する調査・研究を通じて観光産業および地域経済の発展に取り組んでいます。自治体や地域の実践者、研究者などからの信頼が厚いビズデザインには、地域と私どもとをつなぐ大切な役割を担っていただいています。
また、全国各地域に配属された新任のスタッフに対するご指導をいただいたくなど、私どもにとってとても大切なパートナーです。


アスクル株式会社 オフィス・ライフ・クリエーション4
ソーシャル・マーケティング担当部長 永田実様

暗中模索でサプライチェーンCSRを開始した時から、弊社のお取引先様に対する説明会、アンケート設計とその活用そして改善支援に関して多大なご支援を頂いてきました。弊社は大手グローバル企業から中小企業まで、多種多様な数百社に及ぶ弊社のお取引先がいらっしゃり、共通の基準作り最も苦労していました。
しかし、CSRだけでなく中小企業経営にも精通したビズデザインさんのご提案のおかげで、業種業界そして規模を問わずサプライヤー全体に横串を刺したサプライチェーンCSR改善の取り組みを続けることができています。


株式会社バリューブックス
代表取締役 中村大樹様

川崎フロンターレとの社会貢献プロジェクトをご支援して頂きました。双方のメリット・デメリットを踏まえて、win-winの関係構築できるビズデザインは、コーディネーターして非常に有難い存在です。


一般社団法人日本経営協会
理事・行政本部本部長 池田隆年様

まちづくりの現場を熟知しているからこそ、地方公務員や農・商工関係者の心を掴む研修をしていただける。地方公務員、地方議員の経験をもつスタッフが揃うビズデザインならではの強みだと思います。


一般財団法人 地方自治体 公民連携研究財団(PPP財団)
企画開発部長 藏田幸三様

全国の地域・政策課題を解決するための公民連携手法などを自治体と一緒に考える専門研究機関である私どもにとって、企業と自治体双方の経営実務に明るいビズデザインは心強いパートナーです。


特定非営利活動法人ドットジェイピー
理事長 佐藤大吾様

毎年、弊団体の「未来自治体」のコーディネーターをお願いしています。若年層の政治理解の向上を目指す弊団体にとって、政治・行政に造詣が深く、若者に温かい眼差しで接して下さるビズデザインは行政、若者の両方から高い支持を受けています。


特定非営利活動法人「育て上げ」ネット
理事長 工藤啓様

経営財務管理のみならず、NPO活動に精通しており、日々の活動で気づかない部分でのコスト削減提案や資金繰りと予算管理のリレーションの説明など、現状の改善のみならず、法人に知識や知恵が残るサービスは大変ありがたいです。


特定非営利活動法人ETIC.
チャレンジ・コミュニティ・プロジェクト事務局 長谷川奈月様

幣団体主催の「地域イノベーター養成アカデミー」という首都圏の若手社会人向けのプログラムにて、2010年の初年度からアドバイザーとしてご活躍いただいております。
常に地域の方の思いが第一、という考え方に基づきながら、今までの企業、行政、NPOのご経験からプログラム参加者にとって学びになるようなわかりやすいアドバイスをくださるので、参加者の方からの信頼も多いですし、事務局としてもプログラムを形にしていくうえで多々学ばせていただいています。これからもどうぞよろしくお願いいたします!


横須賀商工会議所
専務理事 浜田哲二様

市内中小企業の経営相談や観光開発、商店街振興など多様な業務をご支援いただいています。私どもにとりましては、“困ったときの”ビズデザインです。


一般社団法人伊豆市観光協会
事務局長 板垣敏弘様

「私どもの言葉が場合によっては板垣さんを悪者にしてしまうかもしれない。その覚悟がありますか?」と問われた時は正直息を飲みましたが、地域が抱える問題の本質をグサっと突き刺しながらも、実は観光振興に対する地域側のやる気を引き出すための思いやりだったのだと強く感じました。
ビズデザインのアプローチは文字通り“良薬は口に苦し”の喩えそのものです。

お問い合わせ/資料請求

このぺージのTOPへ


スタッフ・ブログ 世遊綽々
ソーシャルアクション 社会の潮目
世遊名人対談