HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 友田 景

スタッフ・ブログ

【ビズワード】弱みでつながる社会

投稿日時:2017年01月17日 09:59

友田景です。

少子高齢化の人口減少する成熟社会をどうやって乗り切っていくかは、2020年には東京都でさえ人口減少が始まるため、地方だけでなく都市も含めた、全国の共通の課題になります。その成熟社会において、様々な社会問題が噴出していることは今更話すまでもありません。そのことに対して、明確な処方箋が示されぬまま、現代社会は進んでいると感じています。

ですが、私の友人で、ヤフーの第一号社員であり、社会教育家の湯川カナさんが、ひとつの処方箋を示しています。それは、彼女がTEDxKOBEでスピーチをした『「弱み」が最強のチームを作る』です。

彼女が講演でいつも参加者に質問をするそうです。「困っている人がいれば、助けてあげたいと思う人?」と尋ねるとほぼ全員が手を挙げるそうです。ですが、「困っていることがあれば、『私○○で困っています』と言える人?」と尋ねると2~3割しか手を挙げないそうです。人は「いいことをしたい」「役に立ちたい」と本能的に思っているにも関わらず、その人たちを見つけられずにいるのです。

ミスを許容しない完璧さ、過ちを許さない抗菌社会、“勝ち組”の言葉に代表されるように社会は、「強く」、「正しく」、「たくましく」あることばかりが強調されているように感じます。本当にそれで社会は機能するのでしょうか?ビジネスは、相手ができないことを代行することで価値を提供し、対価となるお金を支払っています。困っていることがなければ、そもそもビジネスも発展しないわけです。そう考えれば、成熟化した社会は、多くのビジネスチャンスがあるはずです。

「私、困っています」と手を挙げるから、助けてもらえる。そんな「弱みでつながる社会」こそが、“課題先進国”日本の成熟化社会を乗り越えることができる社会ではないでしょうか。

 

【ビズワード】カントリーリスク

投稿日時:2016年11月15日 11:15

友田景です。

アメリカの次期大統領にドナルド・トランプ氏が選ばれたことと、その影響が連日大きなニュースになっています。現在のところ、NY株、日経平均株価は値上がりし、円安ドル高傾向にありますね。

これまで、企業のカントリーリスクと言えば、アフリカや中東、中国などがよく挙げられていました。ですが、今回のアメリカ大統領選挙において、日本にとっての一番のカントリーリスクは、アメリカだということが再認識させられたのではないでしょうか。直接的なアメリカと日本との関係性で、日米同盟やTTPのことなどが挙げられています。もちろん、個々の企業のビジネスモデルによって、そうではないところもあると思いますが、総体的に見ればの話です。

関係性が深い方が、そのリスクは大きく、仮に現状が安定しているからと言って、一概に安心することはできないはずです。カントリーリスクは下記のような方程式になるのではないでしょうか。

「カントリーリスク=関係性の深さ×不安定度」
関係性の深さは、会社とその国の取引状況。不安定度はその国の変化可能性。

また、今回のアメリカの行方は、もちろん日本だけでなく、他の国にも影響を与えます。皆さんの会社が、影響を受ける他の国と取引がある場合、間接的にビジネスに関係してくる可能性があるわけです。アメリカと日本だけの直接的な影響だけでなく、アメリカと他国の間接的な影響も考慮しなければなりません。

サプライチェーンやバリューチェーンがドンドンと広がりを見せる中で、サプライヤーの取引先、その原料や素材がどこから調達されているのか。その影響はないのか。今回を機にビジネスのカントリーリスクを改めて確認、検証する必要があるのではないかと感じました。

 

【ビズワード】ソーシャル

投稿日時:2016年10月18日 12:04

友田景です。

「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」を始めとして、「ソーシャル・ゲーム」、「ソーシャル・ビジネス」、最近では、「ソーシャル・レジデンス」、「ソーシャル・プロダクツ」、「ソーシャル・ベンチャー」など近年、身の回りには「ソーシャル」が溢れています。「SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)」や「SROI(ソーシャル・リターン・オン・インベストメント)」もそうですね。

日本語に訳すと「社会的な」という意味になるかと思いますが、「社会的」を改めて辞書を引くと下記が記されています。

【社会的】 社会にかかわりがあるさま。社会性があるさま。

よくわからないので、「社会性」を辞書で調べると下記が示されています。

【社会性】 ①集団をつくり他人とかかわって生活しようとする,人間の本能的性質・傾向。社交性。②社会生活を重要視する傾向。

「他人とかかわって生活しようとする、人間の本能的性質・傾向」とあります。「ソーシャル」な仕事に携わる人たちは、他人とかかわって生活をしようとしているのでしょうか?ソーシャルな生活をしていない人が、ソーシャルなビジネスやサービスを提供していることに違和感を感じてしまうのは僕だけでしょうか?「ソーシャル・ビジネス」の現場が、「ブラック企業でまったく“ソーシャル”でない」という皮肉な言葉をよく聞きます。顧客にとっていいサービスを提供していても、従業員にとっていい労働環境とは限らないわけです。

ビジネスは一面だけではなく、非常に多面的なものだと認識しています。顧客、従業員、取引先、株主と色々なステークホルダーが存在してこそ、成立するものです。誰かに搾取や負担が掛かるサービスや商品は、どこかに無理がきて、長く続くものではないはずです。そのサービスや商品が本当に「ソーシャル」なものなのか、点検が必要です。

エシカルも同様ですが、耳障りのいい横文字には注意した方がいいのかもしれません。

 

【ビズワード】差別と区別

投稿日時:2016年09月20日 15:53

友田景です。

リオ・パラリンピックが幕を閉じました。私は今回初めてある程度、しっかりと競技を見ました。選手のアスリートとしてのすごさを実感すると共に、公平を期すために障害の程度による細かなランク分けなどがあることを初めて知りました。

中でも一番印象に残っていることは、「ブレード・ジャンパー」こと、マルクス・レーム選手。走り幅跳びの選手です。昨年の障害者による世界選手権で、ロンドンオリンピックの優勝者の記録を上回り、オリンピックへの参加を希望していました。義足が跳躍に有利に働いていないか科学的なデータを巡る論争がありました。オリンピックへの参加は叶いませんでしたが、大きな問題提起になりました。そもそも、オリンピックとパラリンピックを分けて実施することに意味はあるのでしょうか。

区別をすることが差別につながっていないか。区別しないことで、不利を生じていたり、不満を持っている人がいないか。パラリンピックを観戦しながら、我々の周囲の生活でも改めて、何気なく線引きしていることを見つめることで、暮らしやすく、働きやすくなることが見つかるのではと、思いを巡らせています。

 

【ビズワード】ナショナル・チェーンの終焉

投稿日時:2016年08月16日 11:33

友田景です。

「イオン、地域社員を幹部に 地元密着へ人事刷新」

先週水曜日の日経新聞の1面に掲載されていた記事です。電子版の記事はこちらで読めます。この記事を読んだ際にイオンのようなナショナル・チェーンでさえ、多様化の流れは止められないと感じました。イオンやヨーカドーを代表する総合スーパーは、商店街などの小規模店舗の敵として、大規模小売店舗立地法が制定された歴史があります。地域の小規模店舗から総合スーパーのナショナル・チェーン、そしてアマゾンなどのグローバル企業の登場と時代と共に小売、流通の主役が代わっています。

子どもの頃、時々、母と祖母に連れられて行く地元の駅前にあったダイエーには色々な商品があり、僕の楽しみのひとつでした。そのダイエーも今やイオンの傘下になり、ドンドンと名前が消えています。総合スーパーでは、既存店の売上高がマイナスを続く中で、全国画一で動いてきたナショナル・チェーンが地域社員を幹部に登用することは、地域性を押し出した多様な店舗を作っていかなければ、存続できないという判断だと感じました。これまで地域社員という職域は、正社員の中でも低い格付けであるのが、制度を導入している会社の大半だという認識です。それが幹部に登用されることによって、会社の意思決定の場に参画することができ、人材確保とともに地域性やニーズを取り込もうとする表われだと考えます。

グローバル化の流れにおいて、社会の画一化が進む中で、どのようにして地域社会の多様性を担保するかは、企業にも社会にも存続のためにより一層求められてくる時代に入ったと感じています。

 

【ビズワード】評価は改善のため

投稿日時:2016年07月20日 12:56

友田景です。

今日、息子と娘は小学校から通知表をもらってきます。多くの人が人生で初めて“評価”を実感したことは通知表を受け取った時ではないでしょうか?

最近、社会的インパクト評価の動きが加速しています。内閣府では、共助社会づくり懇談会にて、「社会的インパクト評価検討ワーキング・グループ」が設置され、報告書「社会的インパクト評価の推進に向けて-社会的課題解決に向けた社会的インパクト評価の基本的概念と今後の対応策について」が平成28年3月に公開されています。また別に、内閣府から平成28年5月に「社会的インパクト評価に関する調査研究」報告書が出ています。平成28年6月には「社会的インパクト評価イニシアチブ」が内閣府と民間団体によって立ち上がっています。

その中で、先日、日本財団CANPAN・NPOフォーラム主催でSROIセミナーの講師をさせて頂きました。SROIとは、Social Return on Investment(社会的投資収益率)の略称であり、社会的インパクト評価の手法の一つとして注目されています。弊社ではこれまで、日本マイクロソフト社の被災地支援事業である東北UPプロジェクトの第三者評価や厚生労働省の補助事業による中間的就労事業の社会的価値評価をSROIの手法を用いて、実施してきました。

これまでの経験から今回、SROIの基礎編として初心者のために用語の説明から丁寧に実施しました。セミナーで最もお伝えしたかったことのひとつは「評価は改善のために実施する」ということです。評価に携わる実務家として、事業やプロジェクトの改善につながらない評価は、やるだけ無駄で意味がないと考えています。SROIはあくまでも評価のツールであり、評価はマネジメント改善のツールであるということです。

特に成果がわかりづらい非営利事業や施策では、評価に悩みを抱えている担当者は非常に多いと思います。その場合、成果が何なのかが明確でなければ、評価することができません。評価するためには、まず成果を定義することから始めなければならないわけです。そして、そのためには、成果がどのようにして生まれてくるのかのプロセスを理解できなければ成果を再現することができないわけですから。

セミナーの終了後にも色々とご質問を頂きましたが、まずは評価のために事業の成果を定義することからスタッフなどの関係性と議論することから始めてみてはいかがでしょうか。

先日のSROIセミナーの参加者からはたくさんのコメントを頂きました。日本財団CANPANのブログで、当日のテキストと共に公表されています。ご参考まで。

 

「SROIセミナー」日本財団CANPAN主催

投稿日時:2016年07月11日 16:43

友田景です。

先週の金曜日に日本財団CANPAN主催のSROIセミナーの講師を務めました。当初、40人の定員だったのですが、CANPANの集客力と非営利活動への評価のニーズの高さから直ぐに定員になり、60人に増員しましたが、それでも満席となりました。

参加者は、NPO事業者だけでなく、企業のCSR担当者、行政職員、市議会議員等の非常に幅広くご参加いただきました。みなさんが熱心にメモを取っている様子や質問の内容からから事業評価に課題を感じられていることが、切実に伝わってきました。

社会的インパクト評価のひとつの手法であるSROIですが、今回は、初心者編として、SROIの基礎的な部分を用語の説明から成果の設定までの方法を詳しくお話しさせてもらいました。

研修の最後には、ステークホルダーの変化から事業の成果を定義して、どのようにして成果を上げるのかを考えるプロセスを個人ワークとグループワークで、体験してもらいました。研修を通じて、学んで頂いたことが、事業の報告やマネジメント改善に役立つことを願っています。

主催者の日本財団CANPANのブログに当日の様子(資料と参加者のコメント)が報告されています。

次の開催も期待されているようですので、またCANPANの事務局と相談して、開催したいと考えています。

最後になりますが、開催にあたっては、Pubicoの長浜さんに大変お世話になりました。改めてお礼申し上げます。

 

【ビズワード】AKB48の社会性(2)

投稿日時:2016年06月21日 15:50

友田景です。

先週末にAKBの総選挙がありましたが、ちょうど5年前にこのビズワードで『AKB48の社会性』というコラムを書いています。当時からAKBの「売れればいい」という風潮が見えることにAKBビジネスの違和感があります。その違和感はソーシャルゲームともつながるものです。

今更、私が説明することもないですが、このコラムを読んで頂いている人の中には、AKB総選挙の仕組みを知らない人もいるかと思いますので、簡単に説明します。AKB総選挙の投票権は、CD一枚買うごとに投票権があります。CDだけでなく、ファンクラブや動画の会員など20種類も分けられています。詳しくはこちら

今回は、325万票の投票があったようですが、実際のところ実人数として何人が参加したのか不明です。5年前のブログに書いていますが、10代の子どもや若者が、投票権欲しさに何枚、何十枚もCDを買う。買わせる戦略がどう考えても異常としか思えません。言うまでもなく、CDは1枚あれば音楽を聞くには十分なはずです。ソーシャルゲームでも、いいカードが欲しいために大金をつぎ込む子どもが多いのが現実です。

今回の総選挙では、投票数をCD(1,646円)で売り上げたとして換算すると、1位の指原さんだけで約4億円、全体では、約54億円の売上になります(あくまでもCD売上とした場合の仮定なので、実際とは異なります)。地元への経済効果は15億円というようなニュースもありますので、経済的には素晴らしい興行に間違いありません。

ただこのビジネスがサスティナブルなものかと言えば、やはり首をかしげてしまいます。投票数が前回の1年前よりも3万票減ったという事実もあるようですが、一部のファンだけでなく、ファン層の裾野を広げていかなければ、ビジネスそのものがサスティナブルではなくなります。

若者を取り巻くビジネスが少しでも真っ当なものになってもらいたいと願っています。

 

【ビズワード】理念を現場に落とし込むことがCSRの本質

投稿日時:2016年05月24日 13:47

友田景です。

大企業の不祥事が毎月のようにニュースになります。「企業が立派なCSR報告書を作成していても、それを真に受けて、信頼できない」というような声を異口同音に聞きます。その度に、CSR部署の仕事が、CSRレポートを作成することから、もう少し企業経営の本質的なところへ踏み込んでいかなければならないと強く感じます。

その本質的なところは何かというと「企業理念を現場へ落とし込むこと」だと考えています。

三菱自動車は、『三菱グループの「三綱領(所期奉公・処事光明・立業貿易)」の精神を受け継ぐとともに、当社の存在意義を進むべき方向を明確にする』として、「大切なお客様と社会のために、走る歓びと確かな安心を、こだわりをもって、提供し続けます。」とホームページに掲載されています。

東芝は、『東芝グループは、人間尊重を基本として、豊かな価値を創造し、世界の人々の生活・文化に貢献する企業集団を目指します。』として、そのひとつ目に「1.人を大切にします。-東芝グループは、健全な事業活動をつうじて、顧客、株主、従業員をはじめ、すべての人々を大切にします。」とホームページに掲載しています。

大企業であれ、中小企業であれ、NPOであれ、多くの組織には、立派な理念やミッションが掲げられて、事業活動を展開しています。しかしながら、現場では理念が浸透していないどころか、置き去りにされ、事業活動が行われていることが多々あります。ニュースになるような不祥事を起こす企業は、まさしく理念が置き去りにされていると感じます。企業は、理念に基づいて事業の遂行するはずなので、理念は事業のガイドラインとも言えます。

私が尊敬している麗澤大学の高巌教授(企業倫理の研究者)は、「経営理念がパフォーマンスに及ぼす影響」に関する調査研究で、「理念が浸透する組織ほど、パフォーマンスは高くなる」との結論を得ています。詳しいレポートはこちら。高先生はこの自らの研究結果に基づき、大学のマネジメント改善として、社会的責任の国際規格であるISO26000を活用した取り組みを主導されてきました。その取り組みは、過去の世遊名人対談でも取り上げさせて頂いています。

理念を現場に落とし込むことが社会的責任の本質であり、その取り組みによって、企業の持続可能性が高まるのだと、不祥事のニュースを見る度に感じています。

 

熊本地震へ寄付のお願い

投稿日時:2016年04月26日 13:32

友田景です。

先週の弊社メールマガジンにてご案内させて頂いていますが、会社として熊本地震への支援をするため、ファンドレイジングサイト『JapanGiving』を通じて、『CIVIC FORCE』へ寄付集めを行っております。
http://bit.ly/21dEOoA

弊社と『CIVIC FORCE』との関係について
企業のCSRや社会貢献活動を応援する当社が、災害支援の分野で普段からお付き合いがあり、信頼している団体です。
常総市の大雨洪水水害災害の際にもクライアント企業から協力の要請があり、 現地のNPOをつないでいただくなど情報提供を頂きました。
東日本大震災の際にも、この『JapanGiving』を通じて活動支援のための寄付を集めました。

皆様のご協力のおかげをもちまして、4月26日12時現在で、13万円の寄付が集まっております。
ご支援ご協力、本当にありがとうございます!

寄付先である災害支援のプロ集団である『CIVIC FORCE』から連日のように活動報告が届いております。
4/26 テントの横にトイレを設置
4/25 コロッケさん、北山たけしさんと一緒に巻き寿司を配りました
4/23 小規模避難所へ下着やオムツを配送
4/19 「地震以降初めての着替え。嬉しくて涙が出る」-下着と靴下を配布
4/17 益城町でバルーンシェルター設置

『CIVIC FORCE』の詳しい活動報告は、こちらのURLをご参照ください。

まだまだ被災地は、厳しい状況が続いています。
引き続き支援の輪を広げていきたいと思っています。
ご寄付とその呼びかけのご支援、ご協力よろしくお願いします。

ご寄付は500円から可能です。
ご寄付のご協力を頂ける方は、こちらからお願いします!

 

次のページ »

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress