HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 【ビズワード】弱みでつながる社会

スタッフ・ブログ

【ビズワード】弱みでつながる社会

投稿日時:2017年01月17日 09:59


友田景です。

少子高齢化の人口減少する成熟社会をどうやって乗り切っていくかは、2020年には東京都でさえ人口減少が始まるため、地方だけでなく都市も含めた、全国の共通の課題になります。その成熟社会において、様々な社会問題が噴出していることは今更話すまでもありません。そのことに対して、明確な処方箋が示されぬまま、現代社会は進んでいると感じています。

ですが、私の友人で、ヤフーの第一号社員であり、社会教育家の湯川カナさんが、ひとつの処方箋を示しています。それは、彼女がTEDxKOBEでスピーチをした『「弱み」が最強のチームを作る』です。

彼女が講演でいつも参加者に質問をするそうです。「困っている人がいれば、助けてあげたいと思う人?」と尋ねるとほぼ全員が手を挙げるそうです。ですが、「困っていることがあれば、『私○○で困っています』と言える人?」と尋ねると2~3割しか手を挙げないそうです。人は「いいことをしたい」「役に立ちたい」と本能的に思っているにも関わらず、その人たちを見つけられずにいるのです。

ミスを許容しない完璧さ、過ちを許さない抗菌社会、“勝ち組”の言葉に代表されるように社会は、「強く」、「正しく」、「たくましく」あることばかりが強調されているように感じます。本当にそれで社会は機能するのでしょうか?ビジネスは、相手ができないことを代行することで価値を提供し、対価となるお金を支払っています。困っていることがなければ、そもそもビジネスも発展しないわけです。そう考えれば、成熟化した社会は、多くのビジネスチャンスがあるはずです。

「私、困っています」と手を挙げるから、助けてもらえる。そんな「弱みでつながる社会」こそが、“課題先進国”日本の成熟化社会を乗り越えることができる社会ではないでしょうか。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress