HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2017 » 1 月

スタッフ・ブログ

【ビズワード】弱みでつながる社会

投稿日時:2017年01月17日 09:59

友田景です。

少子高齢化の人口減少する成熟社会をどうやって乗り切っていくかは、2020年には東京都でさえ人口減少が始まるため、地方だけでなく都市も含めた、全国の共通の課題になります。その成熟社会において、様々な社会問題が噴出していることは今更話すまでもありません。そのことに対して、明確な処方箋が示されぬまま、現代社会は進んでいると感じています。

ですが、私の友人で、ヤフーの第一号社員であり、社会教育家の湯川カナさんが、ひとつの処方箋を示しています。それは、彼女がTEDxKOBEでスピーチをした『「弱み」が最強のチームを作る』です。

彼女が講演でいつも参加者に質問をするそうです。「困っている人がいれば、助けてあげたいと思う人?」と尋ねるとほぼ全員が手を挙げるそうです。ですが、「困っていることがあれば、『私○○で困っています』と言える人?」と尋ねると2~3割しか手を挙げないそうです。人は「いいことをしたい」「役に立ちたい」と本能的に思っているにも関わらず、その人たちを見つけられずにいるのです。

ミスを許容しない完璧さ、過ちを許さない抗菌社会、“勝ち組”の言葉に代表されるように社会は、「強く」、「正しく」、「たくましく」あることばかりが強調されているように感じます。本当にそれで社会は機能するのでしょうか?ビジネスは、相手ができないことを代行することで価値を提供し、対価となるお金を支払っています。困っていることがなければ、そもそもビジネスも発展しないわけです。そう考えれば、成熟化した社会は、多くのビジネスチャンスがあるはずです。

「私、困っています」と手を挙げるから、助けてもらえる。そんな「弱みでつながる社会」こそが、“課題先進国”日本の成熟化社会を乗り越えることができる社会ではないでしょうか。

 

古民家をリノベーションした素敵な住まいを体験してみませんか。

投稿日時:2017年01月15日 19:52

ビズデザイン代表の木村です。

徳島県の池田高校をご存知ですか。かつて蔦文也監督が率いた“さわやかイレブン”“やまびこ打線”で名を馳せた野球部で有名なあの高校です。その池田高校があるのが三好市。

大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)や平家の落人伝説、かずら橋などでも知られる秘境の地・祖谷(いや)渓谷があるのも三好市なのです。

三好市は1時間から1時間半もあれば四国4県どこへでも行けることから “四国のヘソ”と呼ばれるほど交通至便のまちで、スーパーやコンビニもあるそこそこ便利なまちですが、山、川、谷、田畑の自然も豊かなイイ感じの田舎です。

そんな三好市がいま「お試し移住モニター」を募集しています。

「お試し移住モニター」とは、古民家をリノベーションした素敵な住宅での住まいを、最長6泊7日まで(但し2泊3日以上)無料で体験できるというものです。

滞在期間中はモニターの希望に応じてコンシェルジュがアクティビティ体験やイベント参加、地域住民の皆さんとの交流の機会を提案してくれるという手厚いおもてなしもあるようです。

さらに、三好市最寄りの空港(高松空港、徳島空港)や駅からお試し住宅までの送迎を含めて、レンタカー等による最大48時間までの移動支援を受けられる(燃料代は自己負担)という嬉しいサービスも。

そして肝心の住宅ですが、これもまたリノベーションできたてのほやほや物件です。

エアコン、無線LANルーター(WIFI利用可)、テレビ、全自動洗濯機、掃除機、炊飯器、冷凍冷蔵庫、電子レンジ、電気ポット、調理器具、食器、シングルベッド(布団・枕付)×2 など設備も完備しています。もちろん、全部新品。

応募条件として「将来に向け、移住をお考えになられている方」というのがありますが、今は全然考えてはいないけど、この体験をきっかけに移住を考え始めたという場合でもOKだと思います。

この「お試し移住モニター」の取組は三好市役所、地元のNPO法人等が中心となって進められています。地元の新聞でも何度も記事になるほど注目されている信頼できる取組です。まずは詳しい情報を検索したり、問い合わせをしたりしてみてください。

私(木村乃)にお問い合わせいただければ、市役所またはNPOの担当者におつなぎします。ご遠慮なくどうぞ。

※物件はそれぞれ特徴のある2件「街の棟」と「丘の棟」です。「丘の棟」はすでに募集中です。「街の棟」は2月1日からの募集を予定しています。

モニター募集の窓口をされているNPO法人マチトソラの特設ページはこちらです。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress