HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 【ビズワード】評価は改善のため

スタッフ・ブログ

【ビズワード】評価は改善のため

投稿日時:2016年07月20日 12:56


友田景です。

今日、息子と娘は小学校から通知表をもらってきます。多くの人が人生で初めて“評価”を実感したことは通知表を受け取った時ではないでしょうか?

最近、社会的インパクト評価の動きが加速しています。内閣府では、共助社会づくり懇談会にて、「社会的インパクト評価検討ワーキング・グループ」が設置され、報告書「社会的インパクト評価の推進に向けて-社会的課題解決に向けた社会的インパクト評価の基本的概念と今後の対応策について」が平成28年3月に公開されています。また別に、内閣府から平成28年5月に「社会的インパクト評価に関する調査研究」報告書が出ています。平成28年6月には「社会的インパクト評価イニシアチブ」が内閣府と民間団体によって立ち上がっています。

その中で、先日、日本財団CANPAN・NPOフォーラム主催でSROIセミナーの講師をさせて頂きました。SROIとは、Social Return on Investment(社会的投資収益率)の略称であり、社会的インパクト評価の手法の一つとして注目されています。弊社ではこれまで、日本マイクロソフト社の被災地支援事業である東北UPプロジェクトの第三者評価や厚生労働省の補助事業による中間的就労事業の社会的価値評価をSROIの手法を用いて、実施してきました。

これまでの経験から今回、SROIの基礎編として初心者のために用語の説明から丁寧に実施しました。セミナーで最もお伝えしたかったことのひとつは「評価は改善のために実施する」ということです。評価に携わる実務家として、事業やプロジェクトの改善につながらない評価は、やるだけ無駄で意味がないと考えています。SROIはあくまでも評価のツールであり、評価はマネジメント改善のツールであるということです。

特に成果がわかりづらい非営利事業や施策では、評価に悩みを抱えている担当者は非常に多いと思います。その場合、成果が何なのかが明確でなければ、評価することができません。評価するためには、まず成果を定義することから始めなければならないわけです。そして、そのためには、成果がどのようにして生まれてくるのかのプロセスを理解できなければ成果を再現することができないわけですから。

セミナーの終了後にも色々とご質問を頂きましたが、まずは評価のために事業の成果を定義することからスタッフなどの関係性と議論することから始めてみてはいかがでしょうか。

先日のSROIセミナーの参加者からはたくさんのコメントを頂きました。日本財団CANPANのブログで、当日のテキストと共に公表されています。ご参考まで。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress