HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2016 » 6 月

スタッフ・ブログ

【ビズワード】AKB48の社会性(2)

投稿日時:2016年06月21日 15:50

友田景です。

先週末にAKBの総選挙がありましたが、ちょうど5年前にこのビズワードで『AKB48の社会性』というコラムを書いています。当時からAKBの「売れればいい」という風潮が見えることにAKBビジネスの違和感があります。その違和感はソーシャルゲームともつながるものです。

今更、私が説明することもないですが、このコラムを読んで頂いている人の中には、AKB総選挙の仕組みを知らない人もいるかと思いますので、簡単に説明します。AKB総選挙の投票権は、CD一枚買うごとに投票権があります。CDだけでなく、ファンクラブや動画の会員など20種類も分けられています。詳しくはこちら

今回は、325万票の投票があったようですが、実際のところ実人数として何人が参加したのか不明です。5年前のブログに書いていますが、10代の子どもや若者が、投票権欲しさに何枚、何十枚もCDを買う。買わせる戦略がどう考えても異常としか思えません。言うまでもなく、CDは1枚あれば音楽を聞くには十分なはずです。ソーシャルゲームでも、いいカードが欲しいために大金をつぎ込む子どもが多いのが現実です。

今回の総選挙では、投票数をCD(1,646円)で売り上げたとして換算すると、1位の指原さんだけで約4億円、全体では、約54億円の売上になります(あくまでもCD売上とした場合の仮定なので、実際とは異なります)。地元への経済効果は15億円というようなニュースもありますので、経済的には素晴らしい興行に間違いありません。

ただこのビジネスがサスティナブルなものかと言えば、やはり首をかしげてしまいます。投票数が前回の1年前よりも3万票減ったという事実もあるようですが、一部のファンだけでなく、ファン層の裾野を広げていかなければ、ビジネスそのものがサスティナブルではなくなります。

若者を取り巻くビジネスが少しでも真っ当なものになってもらいたいと願っています。

 

【ビズデザインファーム】植物の成長に「太陽の光」は、やはり大切!

投稿日時:2016年06月21日 14:00

ビズデザインの福元です。

個人的なことですが、私には小学五年生の子供がいます。学校でちょうど「植物の発根」に関して習い始めたようです。先日テストがあったようで、「植物が発根するには何が必要ですか?」との問題がありました。テストの正解は、「空気」「適切な温度」「水」でしたので、学校で子供たちが習っている通りの条件にそって豆で栽培をしてみました!確かに数日で、しっかりと発根が確認できました(写真1)。

そこで私としては、前回ブログで書きました「太陽の光」を学校の正解に追加した条件で、同じ種類の豆の栽培をしてみました。結果、「太陽の光」を追加したほうが、同じ栽培期間でも「成長は促進」されました(写真2)。農作物や野菜の成長には、やはり「太陽の光」大切ですね!

写真1

写真1

写真2 「太陽の光」を条件追加!

写真2 「太陽の光」を条件追加!

 

『ビズデザインファーム』の連載を始めます!

投稿日時:2016年06月07日 14:13

ビズデザインの福元です。

ビズデザイン株式会社は「地域の当たり前」を大切にしながら、全国各地の地域が元気になるためのお手伝いを行ってきました。「地域の当たり前」の中には、その土地で昔から育まれ食されてきた野菜や農作物があります。

今回、弊社では、「ビズデザインファーム」と名を打って、農作物が成長するために必要な三大原則要因、「太陽の光」「水」「温度」、のみによる農作物栽培を始めることにしました。
世の中の農作物栽培方法は関わる人や企業によって千差万別で、収穫量増大を目的とした農法、栄養価に注目した農法、作業工程の簡素化に注目した農法、自然環境での人工の力を一切必要としない雑草まみれ自然農法、などなど多彩です。
ビズデザインファームでは、私福元がこれまで農業に関わってきた経験から、地域独自の自然の力を信じた農法、無農薬での露地栽培を基本として、様々な農作物の栽培に挑戦し、その様子を当メルマガでお伝えしたいと思っています。

2週間に1回ではありますが、農作物等の成長の様子や地域の面白い農業情報をお届けしたいと思います。
読者の皆様からも、ご当地の農業に関わる「当たり前」情報を頂ければ嬉しいです。
よろしくお願い申し上げます。

 

【ビズワード】 働かかざるもの食うべからず

投稿日時:2016年06月06日 14:17

ビズデザイン代表の木村乃です。

5月10日の「ビズワード」で「名物に旨いものなし」の解釈について、僕なりの独断解釈をご紹介しました。
今回は「働かざる者食うべからず」という慣用句を取り上げます。

Wikipediaには、新約聖書の『テサロニケの信徒への手紙二』3章10節に「働きたくないものは食べてはならない」という一節があり、これが「働かざる者食うべからず」という表現で広く知られることとなった、とあります。
また、1936年制定のソビエト社会主義共和国連邦憲法(スターリン憲法)の第12条にこの表現があるとの解説もあります。

一般に、この慣用句は「働こうとしない怠け者は報酬を得る(ご飯を食べる)資格がない」といった厳しい戒めの意味で使われています。それを承知のうえで、僕はちょっと違う意味の解釈をしてみたいと思います。

「人がご飯を食べるのは働くためなのである」という解釈です。

********************************************

話は変わりますが、マタイ福音書やルカ福音書に記載がある(らしい)「人の生くるはパンのみによるにあらず」というイエスの言葉があります。これには「神の口から出る一つ一つの言葉によって生きる」という言葉が続くのだそうです。その意味は、「私たちを生かしてくださるのは神さまであり、その神さまの言葉に従った時に、私たちが生きていくために必要なものは神さまがちゃんと備えてくださる」というものだとか。
さてそうなると、一般に知られている「人間というものは食べたり飲んだりすることだけで生きるものではなく、文化的・精神的なことを目的として生きるものである」という解釈は誤用ということになってしまいます。ネットでちゃちゃっと調べてみたら、「大辞林 第三版」にも「〔マタイ福音書四章〕人は物質的な満足だけを目的として生きるものではなく,精神的なよりどころが必要である。」と解説されているようなので、この誤用はすでに常識的解釈にまでなっているということがうかがえます。
慣用句や格言、名言というものでは、このように当初の意味から変化して誤用が一般化するということも多いのでしょう。

********************************************

話を戻します。

「働かざるもの食うべからず」の僕の解釈「人がご飯を食べるのは働くためなのである」というのは「人の生くるはパンのみによるにあらず」の誤解された意味に似ています。働くということはお金(食べ物)を得るためではなく、働くことそのものに生きがい(精神的なよりどころ)を見出すことにこそ人生における意味があるのだという解釈だからです。つまり、一般的解釈としての「働かざる者食うべからず」は、労働を人としての義務であると主張していますが、僕は働くということを人としての権利だと主張しているわけです

「働かざる者食うべからず」は、諸般の事情で働きたくても働けない人に対して差別的な言葉ではないかという批判もあるようです。
しかし、僕の解釈では、諸般の事情があって働きたくても働けない人にも皆と同様に働く権利があるのだから、その権利を行使できる社会環境を作っていくことが必要であるということになります。

「働かざる者食うべからず」というわずか十二文字の言葉ではありますが、このようにいろんなことを考えさせてくれます。

次回、僕が担当する「ビズワード」では、「権利と義務」をテーマに書いてみたいと思います。日本国憲法に定められた国民の三大義務「教育の義務(26条2項)」、「勤労の義務(27条1項)」、「納税の義務(30条)」。これらの「義務」という二文字を「権利」に置き換えてみたらどんな世界が見えてくるでしょうか。乞うご期待。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress