HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 【ビズワード】 値上げ

スタッフ・ブログ

【ビズワード】 値上げ

投稿日時:2016年04月02日 23:18


ビズデザイン代表・木村乃です。

新年度が始まりました。
会社や学校などで新しい生活がはじまるスタートの日ですが、様々な商品の値上げの日でもあります。

そんな折、巷で大きな話題になっているのが赤木乳業「ガリガリ君」の値上げです。値上げそのものではなく、その告知CMが話題となっています。
4月1日、2日限定でオンエアされたCM。私も4月1日の夜にたまたま観ることができました。
BGMとして採用されていたのが高田渡の名曲(珍曲?)「値上げ」です。
日本経済新聞の1日付朝刊でも全面広告だったようです。

CMは下記URLでご覧いただけます。

https://youtu.be/3rfU3zaoRz8

高田渡の「値上げ」は一種のプロテストソングです。値上げをする気が全くないかのようなそぶりを見せながら、言葉たくみに値上げの正当性を刷込んでいく政治家の答弁のような歌詞を皮肉たっぷりに歌った作品です。

赤木乳業によるCMではこの歌に込められた皮肉を逆手にとることによって、25年間値上げすることなく踏ん張ってきたという思いを伝え、その断腸の思いを消費者にわかりやすく伝えることに成功していると感じます。

映像では社長以下、社員の方々が深々とお辞儀をする様子が描かれています。

このCMを観ていて思い出したのが「社内のスタッフが素晴らしいサービスを提供する心構えができていないのに、そのようなサービスを顧客に約束するわけにはいかない」というF.コトラー氏の言葉でした。
インターナルマーケティングの重要性を唱えた言葉です。

ガリガリ君「値上げ篇」のCMからは、赤木乳業の社長以下、社員の皆さんが共有しているであろうまっすぐな思い、顧客に媚びることのない率直な思いが伝わってきました。コトラーの言葉を借りれば、「素晴らしいサービスを提供する心構え」です。

なるほど、インターナルマーケティングというのはこういうことなんだ、と改めて考えさせられました。

同時に、会社にとってダメージとなりかねないネガティブ情報をこんなかたちでストレートに発信する行為には真剣に社会的責任(CSR)を果たそうとする同社の姿勢を感じました。

ちなみに、高田渡の「値上げ」の映像はこちらでご覧いただけます。

※インターナルマーケティングについては、過去のビズワード(2013年10月01日)でも取り上げています。よろしければ、そちらもご覧ください。
http://bit.ly/1RTe4Jt

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress