HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2016 » 2 月

スタッフ・ブログ

【ビズワード】ランキング社会

投稿日時:2016年02月16日 17:07

友田景です。

最近、様々な媒体や企業がランキングを発表します。ランキングがひとつの指標となっている場合もあるかと思います。例えば最近でも、日経ビジネスの『活力のある都市ランキング』や東洋経済の『CSRランキング』、『「働きがいのある会社」ランキング』などなど。ランキングは、消費者やユーザーにとって違いがわかりやすくなり、商品やサービスの選択肢になりえるメリットがあると思います。

なぜこれほど、様々なランキングが登場しているかと言えば、ビックデータを象徴されるようにインターネットの進化により、様々なデータが容易に取得できるようになり、比較が可能になってきたからだと考えます。皆さんも一度は使ったことがある商品比較サイトの価格.comを運営する株式会社カカクコムは1997年に設立されており、インターネットが一般のユーザーに広がったwindows95以降であることがインターネットによるランキング社会の到来を象徴しているように感じます。

ランキングはすなわち評価だと言えます。評価によって、順位付けを行っているものがランキングです。インターネットによって、ありとあらゆることが評価される評価格付社会に入ってきたと言っても過言ではないと思います。自治体の有識者委員などで、評価者としての立場を受けることがありますが、常々感じることは、「評価によって、マネジメント改善がなされないと意味がない」ということです。「評価はマネジメント改善のために実施するものである」と言い換えてもいいかも知れません。

例えば、会社の人事評価は、単に昇進や賞与の金額を査定するだけでなく、今後その人がどのように成長していけるかを示すものでなければなりません。政策やプロジェクトの評価では、次に行う際にどこをどのように改善すべきか意見がなされないと意味がないと考えます。それを評価対象になる人や組織がそれを素直に受け入れ、聞き入れなければ、物事の改善は進んでいかないわけです。例に挙げるなら、民主党政権時代の事業仕分けで切られた事業がゾンビのように生き返るのは、その評価を妥当だと評価された側が全く受け入れられていないからだと思います。

評価に関わる人間は(自分自身も含めて)、そのランキングや評価が今後よりよくなるための視点が含まれているか、評価される側が受け入れられる、マネジメントの改善が進むか考えながら判断をしていかなければならいと感じています。

 

【募金協力のお願い】 台湾南部地震の被災者を応援してください

投稿日時:2016年02月15日 13:48

ビズデザイン代表・木村乃です。

東日本大震災の翌年2012年から私は、明治大学商学部の教え子たち、名取市の尚絅学院大学現代社会学科の内田龍史准教授、その教え子の皆さんとともに、震災で甚大な被害を受けた宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区を舞台とする「旅おこし」という活動を続けています。
活動を通じて知り合った閖上の方々が、いま一所懸命に取り組んでいらっしゃる活動のひとつが2月6日に発災した台湾南部地震の被災者に義援金を送る活動です。
先日2月14日(日)には、「ゆりあげ港朝市」において、学生や学生が企画したツアーの参加者の方々も、短い時間ではありましたが募金活動に協力してまいりました。

閖上と縁のある一人として、日本人の一人として、名取市民の皆さんの募金活動に少しでもご協力させていただきたいと思います。

以下に「台湾南部地震被災者を応援する名取市民有志の会」の方にいただいたチラシを書き起こしたものを掲載します。
皆様もぜひご協力ください。よろしくお願い致します。

(台湾南部地震の被災者を応援するFBページ)

**********************************************************************************

平成28年2月11日
台湾南部地震被災者を応援する名取市民有志の会

2016年台湾南部地震のご支援について

平成28年2月6日 台湾南部で大きな地震が発生しました。
その被害の様子を報道で知り、私たちは、心が痛み、何か私たちにできることはないか?という強い思いを持ちました。
台湾からは、東日本大震災の際に多大なるご支援をいただきました。
直接義援金を手渡しながら励ましてくれたのも台湾の団体でした。
今回、特に被害の大きかった台南市は、仙台と交流促進協定を締結しており、東日本大震災後は、仙台観光国際協会と台南市は青少年訪問団の交流を通じて深い絆を作り上げてきました。
その第二回訪問団の団長を務めたのが名取市閖上中学校卒業の高校生でした。
そこで、この度、台湾地震被災者支援のため、名取市民の有志が、仙台観光国際協会と関係団体と協力しながら募金活動を行います。
皆様からお寄せいただいた募金は、台南市の被災者のために役立たせていただきます。

1.支援金の募集について
(※ビズデザイン注記:ここでは、銀行振り込みでの方法のみご紹介いたします)

金融機関名:七十七(シチジュウシチ)銀行 本店 営業部(ホンテン エイギョウブ)
口座番号:(普通)9518215
口座名義:公益財団法人仙台観光国際協会 理事長 渡邉 晃(ワタナベ アキラ)
※振込人の最初に「ナトリシ オオタユキオ」のように、名前の前に自治体名を入れてください。

2.支援金の送り先
支援金は、仙台観光国際協会を通し、台南市に送り、被災者の方の支援に使われます。

【問わせ先】台湾南部地震被災者を応援する名取市民有志の会
代表世話人 太田幸男 090-9635-4154 fukonatori@gmail.com

 

名取・旅おこし講主催「なとりっぷ第6弾」ツアーのご案内

投稿日時:2016年02月01日 15:25

皆様。ビズデザインの木村乃(きむら・だい)です。

私が代表を務めている「名取・旅おこし講」の企画ツアーのご案内です。
私の教え子でもある明治大学と尚絅学院大学の学生らが企画・運営するツアーです。

東日本大震災から約5年。
被災した方々から「命を守る術」を学ぶことは、私たちにとってとても貴重な経験になると思います。
学生だけでなく、社会人も大歓迎です。
地方行政、教育、施設管理などに携わっておられる方には特におすすめのツアーです。
もちろん、地域活性化に関心をお持ちの皆さんにもおすすめです。

以下が明治大学商学部4年生のスタッフからのお誘いメッセージです。
ぜひご参加をご検討ください。
もちろん私も参加します。

***************************************************************************
【なとりっぷ第6弾 募集開始!!】
こんにちは、学生スタッフの竜口です。
遂についに、名取・旅おこし講が「なとりっぷ第6弾 ~閖上スキルを身につけよう!~」をプロデュースし、旅エール主催でツアー募集を行います!!

今回のツアーは、
〇地元の防災教育の市民団体である「ゆりあげかもめ」様の協力のもと「命を守る術」の体験
〇美田園第一仮設住宅の方々との交流、
〇そして閖上独自の遊びでもある「ろくもんす大会」

などを通じて、皆さんに存分に閖上の魅力を体感いただけるツアーとなっております!!!
ツアー概要はこちら!
********************************************
場所:宮城県名取市閖上地区
日程:2月13日(土)〜14日(日)の一泊二日
料金: 学生5千円、社会人1万円
集合場所・時間: 仙台駅 11時
宿泊場所  尚絅学院大学
解散場所・時間:仙台駅 17時
持ち物: 運動靴(室内履き ない場合は外履きでも可)
バスタオルまたは体をふけるもの
シャンプー、リンス、歯ブラシなど ※宿泊場所にアメニティがないため
(ドライヤーのみ名取・旅おこしで用意いたします)
ツアーの詳細は添付のチラシを見てくださいね!
********************************************
申し込みフォームはこちらより
http://bit.ly/1POwy6K (旅エールHP)
申込締め切りは2月8日(月)となっております。
皆さんお誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください!!

今後も、名取・旅おこし講をよろしくお願いいたします。

 

【ビズワード】 抗菌社会

投稿日時:2016年02月01日 15:16

ビズデザイン代表・木村です。

世の中には「正しいこと」と「正しくないこと」があるようです。
そして、「正しくないこと」は「あってはならないこと」とされています。
「あってはならないこと」に対して、マスコミ、世論は徹底的にたたきのめそうとします。
まるでばい菌を撲滅しようとするかのようです。

暴力を伴うような喧嘩。
人が嫌がるいたずら。
つい出来心でやってしまった万引き。

「正しくない」ことなのはわかります。
これらのことで、深刻な状況に追い込まれている方々も多いので、うかつに言えないことだということも承知しています。
それでも、ちょっとした「正しくない」ことも絶対にない社会をつくろうとする考え方には正直なところ違和感を禁じえません。

ばい菌はない方がいい。だからばい菌を根絶やしにしよう。抗菌社会をつくろう。というわけです。
「正しくない」ことを助長する意図はまったくありませんが、ちょっとした「正しくない」ことについては、人生ではそういうこともたまにはあるよな、と寛容であってもよいのではないかと思います。
抗菌社会は免疫、耐性を弱くしてしまうという恐れがあるのではないかとも思います。
虫一匹殺したことのない人が、他人の命の大切さを実感をもって思うことができるのでしょうか。
他人を傷つけた経験がない人が、人を傷つけるということ、傷つくということを実感をもって思うことができるのでしょうか。
失敗したことのない人が、失敗で苦しむ人のことを実感をもって思うことができるのでしょうか。
「正しくない」経験で学ぶこともたくさんあるはずです。
ちょっとした「正しくない」経験が、深刻な「正しくない」事件を防ぐことにつながるという効果があるように思います。

抗菌社会ではなく、ちょっとくらい“ばっちい社会”であってもいい。
僕はそう思います。

そういえば、7年ほど前にも同じようなことを書いていたことを思い出しました。
よろしければご笑覧ください。

http://bit.ly/1VATISg

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress