HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 【ビズワード】規制改革~その後

スタッフ・ブログ

【ビズワード】規制改革~その後

投稿日時:2015年08月31日 10:28


ビズデザイン代表の木村です。

昨年(2014年)11月18日付けのビズワードに「規制改革」という記事を書きました。

過去のビズワードはこちら

内閣府に設置された「規制改革会議」という首相の諮問機関の下部組織である地域活性化ワーキングに臨む直前でした。

その後の11月21日(金)に同ワーキングに出席し、いくつかの問題提起をしてきました。

そして、本年(6月16日)には、「第3次答申」がまとめられ、安倍総理に手交されたとのことです。

第3次答申はこちら
域活性化ワーキングが担当した答申の内容はP59~P74に掲載されています
その中で、私が問題提起させていただいた改革案件のいくつかについてその改革の必要性が取り上げられています。これらの案件はすべて地域活性化の現場から提供された生の具体的事案をもとにしています。

●臨時飲食店営業のための規制緩和
地域の特産品を販売するマルシェなど新たな形態の食のイベント等が開催しやすいようにする許可要件に関する措置

●小規模宿泊業のための規制緩和
イベント等を実施する際の「民泊」における規制緩和
農林漁家民宿の対象範囲の拡大
インターネットを通じ宿泊者を募集する一般住宅、別荘等を活用した宿泊サービスの提供

●着地型観光を促進するための旅行業の見直し
第三種旅行業者の範囲の拡大
地域限定旅行業等の登録の容易化
旅行業務取扱管理者試験の見直し

●廃校の利活用促進
廃校の利活用を容易なものとするため、安全性を確保しつつ、事業者にとっての選択肢が拡大するよう性能規定の更なる合理化等の検討を行い、結論を得る。

すべてが十分な改革、緩和といえる内容ではありませんが、会議委員の方々、また事務局の方々が担当省庁を相手に相当な交渉努力をなさったものと思います。

今回の件を通じて僕が感じたのは、しかるべき方法をとれば現場の声は政策においても反映されうるということです。今回はたまたま偶然にも同ワーキングに参加させていただく機会を得ることができましたが、今後も何とかそのような機会を獲得して、少しでも現場の実態を伝え、必要な措置を講じていただけるよう頑張ろうかなという思いを新たにしました。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress