HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2015 » 3 月 » 24

スタッフ・ブログ

【ビスワード】民主主義の原点

投稿日時:2015年03月24日 16:22

友田景です。

先週金曜日にNPO法人ドットジェイピー主催の「未来自治体全国大会2015」決勝コンテストにてパネルディスカッションのファシリテーターとして参加してきました。

来月に統一地方選を控え、「日本一、住みたいまちを決めるコンテスト」と題して、全国の若者(学生)が自分の地域の30年後を描き、競い合いました。全国から26チームの参加があり、地域予選で10チームに選抜され、その10チームからWEB予選を勝ち抜いた4チームが決勝コンテストに進みました。

4チームはそれぞれ、宮城県柴田郡、山形県米沢市、千葉県流山市、福岡県筑紫野市の4つのまちを舞台にして、30年後のビジョンと10年後の政策、予算を策定し、プレゼンテーションにて投票を行いました。それぞれに我が町の個性を生かしたプランで大変興味深かったです。

決勝コンテスト後に民主党参議院議員蓮舫さんと早稲田大学教授の北川先生(元三重県知事)、毎日新聞の論説委員である与良さんを交えて、パネルディスカッションを行いました。そこで話題になった一つが、日本は教育の中で圧倒的に議論をする時間が少ないため民主主義のレベルが低いのではないかという問題提起でした。知識偏重の偏差値教育の弊害が表れており、政治的な話題だけでなく、そもそも議論をすることを避けたがる習性が日本人にはあるではということです。イギリスやドイツでは、パブで盛んに政治談議をする習慣がありますが、日本では日常で政治的話題は避けられがちです。優勝したチームの学生も「今回の政策を作成するためには、これまでにないほど議論を重ねた。学校でこれほど議論をすることはない」と言っていたことは非常に印象的でした。

政治だけでなく、仕事をしていて会議があっても説明が長くて、議論をする時間はそれほど多くないという人も多いのかもしれません。「民主主義の原点は議論をすること!」というひとつの命題にたどり着きました。

みなさんも少し議論をすることを避けずに議論する時間を取ってみてはいかがでしょうか。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress