HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2015 » 2 月

スタッフ・ブログ

【ビズワード】渋谷区のLGBT条例にみる社会の多様化

投稿日時:2015年02月17日 08:32

友田景です。

渋谷区の下記の取り組みが、先週大々的にニュースになりました。

「同性カップルに結婚並み証明書 渋谷区、来月に条例案」 by東京新聞

LGBTという言葉をご存じでしょうか?私も最近まで知りませんでした。今回のニュースで、この言葉の認知が広がったと思います。

LGBTとは、女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、そして性転換者・異性装同性愛者など(トランスジェンダー、Transgender)の頭文字を取った総称であり、セクシャル・マイノリティ(性的少数者)を指します。

渋谷区の取り組みの詳細は、ニュースソースや他の関連サイトをご覧頂くとして、私が注目したポイントは法律とは別のものとして、渋谷区が検討しているところです。ご存じの通り日本では、同性婚は認められていません。法律に抵触しない形で、自治体が何をできるかを考えた結果、証明書を発行しようすることになったわけです。まさしく創意工夫というものだと思います。

「単なる証明書では、法的な拘束力はなく、意味がない」という意見もありますが、当事者にとっては、これまで社会からの疎外感が大きかったものが、認められた実感が大きいのではと思います。これは住民に一番近い行政である基礎自治体にとって、住民と寄り添う姿勢は非常に重要です。また、社会全体にLGBTを社会問題として大きく認知されるきっかけになり、議論が進むと考えます。アメリカでも昨年、有名企業のトップが同性愛を告白することが大きなニュースとなりました。

米アップルCEOが同性愛を公表、「誇りに思っている」

地方分権は社会の多様化の現れだと思います。渋谷区はこの取り組みによって、マイノリティが住みやすいまちになっていくでしょう。大きなお金をかけずに社会問題を解決に取り組むひとつの事例と言っていいと思います。こういった自治体独自の取り組みによって、社会課題の解決が前に進むことを期待してなりません。

 

【ビズワード】 「お客様は神様です」の真の意味とは?

投稿日時:2015年02月03日 03:25

木村乃です。

前回の「ビズワード」では、弊社・友田が土下座事件を取り上げていました。

今回私は「お客様は神様です」というセリフを取り上げてみます。

中年以上の人には、歌手・三波春夫氏の決め台詞として馴染み深いものです。

三波春夫オフィシャルサイトにこのセリフの真意が書かれていました。

かいつまんで言いますと、単にお金を払う立場の人が「お客様」なのではなく、そのサービスを心から楽しみたいという気持ちをもってくださる方が「お客様」なのだそうです。
三波春夫氏は、「歌う時に私は、あたかも神前で祈るときのように、雑念を払って、心をまっさらにしなければ完璧な藝をお見せすることはできないのです。ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。だからお客様は絶対者、神様なのです」とインタビューに答えているそうです。

以前私はこのブログに「誠意と感謝の交換」と題する記事を投稿しました。
http://bit.ly/1cIdPgi

以下に再掲します。心のありよう、心の持ちようとして、しっかりと考え、自覚しなくてはいけないなあとつくづく思います。

***********************************************************************************
先日、横浜・関内のらーめん屋でこの言葉(誠意と感謝の交換)を実感した。
この店には初めて入った。
店に入るなり、しーんとしている。
お品書きを見ると、「行儀の悪いお客様はお断り」とか、「単語でも注文はだめ」とか書いてある。ケータイなどもってのほか。いわゆるガンコ店主の店なのだ。ぼくはこういうガンコ店主の店が嫌いだった。「こっちは客なのに、なんで口うるさく言われなくちゃならないのか」。そのときも一瞬そう思った。店を出ようかと思った。でも次の瞬間思ったことがある。「あ、これが誠意と感謝の交換なんだ!」言霊が降りてきたという感じ。ホストとゲストという一方向的な関係性で考えているからだめなんだ。誠意を込めてらーめんを作ってくれている。それを感謝を込めて食べさせてもらう。「お客様が神様」なのではなく、対等な関係性で成立している「誠意と感謝の交換」。心がこもっているから緊張感も生まれる。よくみると、店主は調理中の真剣な表情とは裏腹に「いらっしゃいませ」と「ありがとうございました」のときはとてもにこやか。接客のおねえさんもとても愛想がいい。いい緊張感の中であればこその本当の笑顔。つくり笑顔はない。ちなみに、らーめんは文句なしのうまさ。はっきり言って食べたことがない味。値段も手頃。心から「ごちそうさまでした!」と店を後にした。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress