HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2014 » 6 月

スタッフ・ブログ

【気になるニュース】子供の置き去り数と出生数の比較

投稿日時:2014年06月27日 12:56

友田景です。

読売新聞に気になるニュースが出ていました。

『子供置き去り483人、餓死寸前も…過去3年』

内容は、下記のとおりです。

親に育児を放棄され、自宅などに置き去りにされた子どもが今年3月末までの3年間に全国で延べ483人に上ることが読売新聞の調査でわかった。
餓死寸前で保護されるなど命が危ぶまれるケースもあった。神奈川県厚木市で5月、アパートに置き去りにされた男児が遺体で見つかるなど、育児放棄された子どもが衰弱死する事件が相次いでおり、専門家は「詳しい実態調査が必要だ」と指摘している。
今回の調査で、子どもが置き去りによって命の危機にさらされている状況が明らかになったが、国や自治体はこれまで、詳細な調査や特別な対策は講じてこなかった。今後、早期発見・保護のための態勢作りが求められそうだ。
調査は6月、児童相談所(児相)を設置する都道府県と政令市、一部の中核市の全69自治体を対象に実施。2011~13年度に置き去りにされた子どもの人数などを尋ね、全自治体から回答を得た。この中には、親が子どもを自宅に残したまま音信不通になったり、屋内外に長時間、頻繁に放置したりしたケースのほか、出産直後の「捨て子」も含まれる。

最終更新:6月27日(金)7時37分

読売新聞

「東京よりも人口が少ない大阪がダントツに多いやん!」と思って、2009、2010、2011年の3年間の都道府県別の出生数(政府の統計情報)を分母として、発生割合を出してみたのが、下記の表です。子供の置き去り数は2011~2013年度であり、出生数の年度とは異なるので、時期が少しずれるため正確ではありませんが、統計情報で公表されているのが2011が最新だったため採用しています。

発生割合の上位5位を赤く塗っています。

1位 奈良県 0.1130%
2位 大阪府 0.0535%
2位 熊本県 0.0535%
4位 東京都 0.0318%
5位 福島県 0.0274%

平均が0.0151%なので、10倍近い奈良県が圧倒的に高い割合であることに驚きました。熊本県が高いのは、通称「赤ちゃんポスト」と呼ばれる慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」の影響だと思われますが、熊本のように受け入れやすい環境を作っているためにそうなっているのか、子供を育てる環境が厳しい(サポートができていない)のか、そのあたりの要因が気になるところです。

 

☆★☆ 茨城県 県北コーディネーター 募集 ☆★☆

投稿日時:2014年06月26日 15:01

弊社代表がアドバイザーをさせて頂いておりますNPO法人ETIC.さんより「茨城県 県北コーディネーター 募集」のご案内です。

●茨城に眠る魅力的な企業を発掘し若者と共に経営革新に挑む!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

若者の挑戦と地域企業の経営革新を推進!

☆★☆ 茨城県 県北コーディネーター 募集 ☆★☆

http://www.etic.or.jp/drive/job/2916

625()73()8() 相談会開催 @東京・渋谷

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ETIC.では、茨城県県北地域に外部から若手人材を呼び込み、地域の魅力的な企業を発信するとともに、事業推進を担う若者のマッチングを行っていただく地域コーディネーターを募集しております。

茨城の県北地域は、人口約40万人。県内でも特に人口減少・過疎化が進む地域です。地域内には魅力的な企業も多くあり、観光や林業、アウトドアなどの部分で新しいチャレンジを仕掛けている企業も多くあります。しかし、様々な事業が人材不足によって推進されないことも多くあるのが現状です。

そこで今回、目立たないけれどすごい技術を持った企業、自社だけでなく地域全体のために事業を行っているような魅力ある企業を発掘し、若手人材を送り込むことで経営革新を起こしていく、インターンシップ・コーディネーターを募集します。茨城県内では初の試みであり、全国的にも今後モデルとなる可能性を秘める新規事業となります。

地域を舞台に、若者の挑戦と企業の経営革新の場をプロデュースする地域コーディネーターについて、お気軽にご相談・質問をお受けする個別相談会を開催しております。相談会の詳細につきましては、募集概要と併せて、以下をご覧ください。

また、以下のサイトでも、募集について詳しくご案内しております。

http://www.etic.or.jp/drive/job/2916

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃■ 募集概要

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●仕事内容

県北地域における若者を活用した企業経営革新事業の立ち上げ

ETIC.がこれまで培った若者を活用した企業経営革新事業のポリシー、ノウハウを共有して頂きながら地域独自の取り組みを始める仕事です。

NPOというニュートラルな立場を生かし、学生・企業・大学・行政の各セクターを結びつけながら、地域社会活性化に貢献する事業を立ち上げます。

※ 常勤/3年後には独立して、法人を設立して頂きます。

1)経営革新を望む魅力的な受入組織の開拓

地域の中でアイデア提案型インターンシップの理解者を増やし、説明会の開催や事業所の訪問を通じてインターンシップのPRを行います。学生のアイデアによる企業の課題解決など、地域企業の事業発展にも貢献するインターン生の受入プログラムを企画します。

2)若手人材(特に大学生、2030代の若手社会人など)の募集

主に首都圏において開催されるインターンシップ・フェアの出展等のPR活動を通じて、インターン生となる参加希望学生を募集します。地域の魅力を発信しながら、全国から大学生、若手社会人などを呼び込みます。

3)マッチングならびにインターンシップ実施サポート

受入事業者と参加希望者をマッチングし、企業の経営革新の右腕人材となるよう定期的にサポートを行います。定期的なモニタリングや研修、必要に応じた専門家の派遣などを行います。受入事業者と学生の両方の立場を理解し、地域全体でインターンシップをサポートする機運を盛り上げていきます。

4)広域的な地域活性化活動

大子町、常陸太田市などで活動する「市町版」地域おこし協力隊と連携しながら、県北地域で挑戦する魅力ある企業の情報を発信していきます。

●求める人材像

・企業の成長と若者の成長どちらにも関心を持って取り組める方

・地域に入り込み、様々な関係者とのコミュニケーションが取れる方

・素直で誠実な方

3年後には独立し、ご自身で事業を行っていく意思のある方

※ 独立時には、茨城県、ETIC.の創業支援メニューも活用できます。

●応募資格

・満20歳以上、概ね35歳未満の方(性別不問)

・積極性・協調性をもち、企業、市町村、大学等及び地域づくり団体

などと協力して茨城県県北地域の活性化に取り組んでいただける方

●勤務地・勤務条件

・勤務地:茨城県企画部県北振興課 常陸太田合同庁舎駐在室

(茨城県常陸太田市山下町4119番地)

・勤務時間:9:0018:00(休憩1時間)

※ ご自身の判断によって変更可能。

・給与:166,000

・契約期間:201491日~2015331

※ 最大3年まで継続の可能性あり。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃■ 個別相談会の開催概要

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催日程

7 3日(木)1900-2100

7 8日(火)1900-2100

717日(木) 1900-2100

721日(月・祝)13:0015:00

●会場 ETIC.オフィス5

※ 少々わかりづらい場所にございますので、

あらかじめ地図をご用意の上、お越しくださいませ。

[地図http://www.etic.or.jp/etic/access.html

(渋谷、もしくは原宿駅から徒歩10分程度)

●お申込み方法

お名前、ご所属、ご連絡先(携帯電話番号・PCメールアドレス)を明記の上、下記アドレスまでメールにてお申し込みください。

【宛先】challenge-community@etic.or.jp (担当:瀬沼、池之上)

その他、茨城県北コーディネーターならびに説明会につきまして、ご質問等ございましたら、上記アドレスまでお気軽にご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【お問い合わせ先】

特定非営利活動法人 ETIC.(エティック) 担当:瀬沼・池之上

150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4

TEL:03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116 / E-mail:challenge-community@etic.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今は大丈夫、でも将来が心配 そんなあなたに 耳寄りな情報です

投稿日時:2014年06月19日 10:57

「世遊名人」第21回で対談させて頂いた中川美和子さんが

理事長をされているNPO法人和の環さんよりご案内です。

629(日)横浜市にて法人設立3年目を迎え、

3周年記念イベントとして下記のフォーラムが開催されます。

日程が迫っておりますが、ご興味ある方は是非ご参加下さい。

以下NPO法人和の環さんのご案内をご覧下さい。

**************************************************************

私どもNPO法人和の環は法人設立3年目を迎え、

3周年記念イベントとして、下記のフォーラムを開催いたします。

**************************************************************

「今は大丈夫、でも将来が心配

そんなあなたに 耳寄りな情報 です」

日時:2014629() 13:3016:00

場所:男女共同参画センター横浜(フォーラム)セミナールーム

横浜市戸塚区倉田町435-1 戸塚駅より徒歩5

入場料:無料

参加申込:wanowajimukyoku-1@freeml.com まで

第一部:安心を支える2つの仕組み

第二部:高齢者等を指させる仕組みの「今」と「これから」

パネルディスカッション

第三部:あったらいいな あんなサービス こんな仕組み

***************************************************************

横浜方面ではありますが、お時間のご都合のつく方は、ぜひご参加ください。

詳細は、下記よりご覧いただけます。

和の環3周年記念イベントのご案内

 

7月2日「ユリアゲナイト」@復興バー銀座店 開催のお知らせ

投稿日時:2014年06月17日 19:35

ビズデザイン代表の木村です。

私が明治大学商学部で担当している「旅おこしによる地域活性化実践」という授業の一環として、表題の通り「「ユリアゲナイト」@復興バー銀座店 」を開催することとなりました。

明治大学商学部と宮城県名取市の尚絅学院大学の学生、そして閖上(ゆりあげ)の小売店さんなどが現在営業している「閖上さいかい市場」さんのご協力を得て開催する復興支援イベントです。

以下は、学生からのメッセージです。お仕事のお帰りにでもぜひお立ち寄りください。

****************************************************************

7月2日(水) 17:00 - 22:00 復興バー銀座店 にて

〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目8番地17号

****************************************************************

名取市閖上を盛り上げる「旅おこし」の紹介と、閖上の名産を銀座でみなさんに楽しんでいただくため、「ユリアゲナイト」を開催します!

「旅おこし」とは明治大学と尚絅学院大学の学生を中心に組織された団体「名取・旅おこし講」による、旅を通じたまちおこしのことです。
震災により被災した閖上地区の共同体再生・維持を目的とし、そのために既存のいわゆる観光資源に依存した観光ではなく、地元の方々が心の底から親しみのある食べ物・遊び・場所・人などの「魅力」に着目した旅による地域おこしを実践しています。
昨年と今年の3月にはそうした「魅力」をまとめたツアーを開催し、仙台近郊や東京からお客様をお招きして、地元の方々と共にそうした「魅力」に触れる旅を楽しんでいただきました。

復興という観点だけでなく、地域おこしの取り組みとしての「旅おこし」に少しでも触れてみませんか?
また、東京で閖上の「魅力」味わってみませんか?
みなさまのお越しをお待ちしております!

http://on.fb.me/1ozUYJG

 

【ビズワード】批判的思考、論理的思考

投稿日時:2014年06月17日 11:28

「1+1=2」はこれ以外に正解のない等式ですか?

入学したての大学1年生を対象とする「基礎演習」という科目の初回の授業で必ずこう問いかけている。

すると、「田んぼの田です」とか「粘土で作った団子を2つ合わせたら1つの団子になるので答えは“1”になることもあります」とかいうカワイイ回答が出てくる。「1人では小さい力でも二人で協力すれば2人分以上の力が発揮されるので2以上になります」というイマドキの若者らしい情緒的な回答も出てくる。これらの回答は全部正解だといってもいい。

次に僕は条件を付ける。「これは国語の問題ではありません。算数、数学の問題です」。

すると、とたんに学生は黙り込んでしまう。商学部という文系学部の学生だからなのかもしれない。
僕が期待しているのは「2進法だと正解は“10”になる」という回答だ。
僕は「2進法ってわかる?」と問う。半分くらいの学生はポカンとしている。説明すればすぐに理解してくれるのだが、こんな基本的な算数の知識が大学入学までに備わっていないことは実に嘆かわしい。

それはともかく、授業の本題はそこから先にある。

「じゃあ、0、1、2、3、4、5、6、7、8、9」以外にも数字があったとしたらどうなる?」と僕は問いかける。

例えば、「●(授業ではブタの顔を描く) “ブー”」、「▲(授業ではネコの顔を描く) “ニャン”」、「■(授業ではネズミの顔を描く) “チュー”」という数字が9の次に続いているとしよう、と提案する。

僕は黒板にりんごの絵を15個(これは10進法)描く。
「さあ、みんなで声を合わせて数えてみよう」。

すると、「9(キュウ)」とあとに続くのは「10(ジュウ)」ではなく「ブー(●)」。続いて「ニャン(▲)」、「チュウ(■)」となってしまい、学生は面白がる。日常的な数え方では13個目になってようやく「10(ジュウ)」になる。

この授業を通じて学生に伝えたいことは2つ。

一つは、「しっかりと確認もせずに、誰もが同じ常識のもとで物事を考えているという“思い込み”が誤った判断を招きかねない」ということ(「1+1=2」を10進法の等式だというのは単なる思い込みであるということ)。常に批判的思考を励行すべきということである。

いまひとつは「数学的思考、論理的思考を駆使すればこそ、新しい数字を発明できるほどの想像力、創造力が発揮できるのだ」ということ。感覚的、情緒的な発想にとどまっていては、そのような力は身につかない。

子どもじみた授業かもしれないが、これから高等教育を受ける学生にとっては、とても大事な思考法を学ぶ授業なのではないかと自負している。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress