HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2012 » 8 月

スタッフ・ブログ

宮城県名取市における活動が各紙で報道されました!

投稿日時:2012年08月27日 14:45

木村乃です。

去る8月26日(日)、宮城県名取市の復興商店街「閖上さいかい市場」で開催した「さいかい市場に行くすぺ!閖上のたこ焼きこせでみねすか?」が、読売新聞、河北新報、KBH東日本放送(テレビ朝日・ANN系列)等で取り上げられました。

◆河北新報 (8/27) http://bit.ly/OkiByA
◆河北新報(コラム「河北抄」) (8/22) http://bit.ly/NkBUah
◆読売新聞 (8/22) 夕刊(全国版)
(同日PM5:00~6:00TOKYO 放送の「5時に夢中!」(東京MXテレビ)では、夕刊記事第6位に取り上げていただきました。
◆読売新聞 (8/27) http://bit.ly/Pi4gb7
◆その他

この催事は、私が代表をしている「名取・旅おこし講」(*)が主催し、明治大学商学部における「特別テーマ実践科目~地域の元気をプロデュース」の受講生たちと、地元名取市の尚絅学院大学における「社会調査演習」(担当」内田龍史専任講師)の受講生たちが共同で企画、運営にあたった催事です。

東日本大震災・大津波により“消失”した閖上(ゆりあげ)のまち。閖上はもともときわめて強いつながりのある共同体でした。それがいまは市内各所の仮設住宅や市内外の賃貸住宅など、離れ離れに暮らすことを余儀なくされています。

そこで私たち「名取・旅おこし講」では、閖上の方々のソウルフードともいえる独特の「たこ焼き」を再現する催事を開催しました。これをきっかけに一堂に会していただき、思い出のたこ焼きを食べながら閖上の思い出を語りあって元気になっていただければと企画しました。

8月26日(日)当日は予想を越えるおよそ500人の方々にお集まりいただくことができました。

閖上は空間的には“消失”してしまいましたが、「閖上」という共同体はいまも元気に健在です。

そのことを閖上の方々にも、名取市民の皆さんにも、そして全国の皆さんにも感じ取っていただけたなら大変嬉しいことです。

閖上さいかい市場振興会、名取商工会、名取市、サッポロビール仙台工場など、地元の方々の多くのご協力・ご協賛をいただき、大盛況のうちに終了しました。この場を借りて、改めて関係各位に深く御礼を申し上げます。

**********************************************************************
(*)名取・旅おこし講とは・・・「閖上」というまちとそこに暮らしてこられた方々の固い結束による共同体が今もここにあるということを、名取市民の皆さんをはじめ仙台都市圏の皆さんや全国の皆さんに伝えながら、閖上の素晴らしい文化を閖上の皆さんと一緒に後世に伝え、守っていくことを目的として結成しました。当面は「閖上への旅」の企画・実践を目指して、明治大学商学部(東京都千代田区)と尚絅学院大学現代社会学科(名取市)の教員、学生、その他有志が参画しています。

 

湖南市が「地域おこし協力隊」を募集しています!奮ってご応募を!

投稿日時:2012年08月01日 10:29

木村 乃です。

滋賀県に湖南(こなん)市というまちがあります。このまちが、地域おこしに携わる意欲のある有給の人材を募集しています。

私も、今年度は湖南市のまちづくりのアドバイザー(総務省からの「地域力創造アドバイザー」として派遣、というかたちです)を務めます。

以下、詳細の情報を記載しますので、ぜひ奮ってご応募ください!

***********************************************************************************

湖南市 地域おこし協力隊の募集について

(募集期間 8月10日(金)まで)

平成24年度 湖南市では総務省の地域おこし協力隊の制度を活用して、湖南市のまちづくりの活動に「こにゃん支え合いプロジェクト推進協議会」との連携のもと取り組みます。

京都・大阪からも約1時間という、通勤可能な地域にありながら豊かな自然を有する湖南市の特徴を活かし、都市部に仕事・学業・これまでの活動・関係を保ちながら、地域おこし隊員として活動してください。

地域にとっても、隊員の方にとっても、Win-Winの取り組みにすべく、柔軟・機動的にご相談・ご調整させていただきたいと思います。協議会のフェイスブックページなども、ぜひご覧ください。http://www.facebook.com/konyan.sasaeai

みなさんのご応募、心からお待ち申し上げております。

==============================================

1.対象者 三大都市圏・政令市に住民票を持っている人(大阪府、京都府※、兵庫県※、奈良県※、愛知県※、三重県※、岐阜県※、静岡県※ ※過疎地・中山間地・条件不利地域を除く)

2.参加条件

(1) 選考を経て採択されたのち、湖南市に住民票を移動できること、

(2) 2012年8月以降、1年以上の活動が可能な方

3.待遇等

(1)日額 8千3百円(毎月の活動日数に応じて月額払い・税込)

(2)住宅支援費として、毎月1 万円を支給いたします。

4.活動内容

(1)市民共同発電所の普及・展開を通じたエネルギーの自立のまちづくり

(2)アールブリュット等を活かした福祉ツーリズムによるまちづくり

(3)特産品の発掘・新商品開発を通じた地域経済の活性化・まちづくり

※活動内容は、隊員の方とご相談しながら、具体的な内容、活動を一緒につくってまいります。

5.支援・サポート

(1)湖南市での活動拠点・住居の手配を、協議会がサポートいたします。

(2)活動には、各プロジェクト2名の隊員に、1名のプロジェクトマネージャーがはりついて、皆様の活動を支援・サポートいたします。

(3)活動場所は湖南市全域を対象とし、複数名(グループ)で活動します。

(4)外部専門家(ビズデザイン・木村乃先生)による教育・研修を実施し、専門的な知識・情報を学ぶことができます。

6.応募

指定の様式(履歴書+志望動機)にご記入いただき、郵送にてご郵送ください。(8月10日消印有効)

様式は事務局にご請求いただくか、JOINホームページ(http://www.iju-join.jp/prefectures/shiga/500315/k/7212)、協議会のフェイスブックページ(http://www.facebook.com/konyan.sasaeai)からダウンロードしてください。

7.問い合せ こにゃん支え合いプロジェクト推進協議会 事務局

電話 0748-60-2899(事務局) 090-8683-4625(担当者(藏田)携帯)

FAX 0748-77-6781 メール kurata@lg-ppp.jp

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress