HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2012 » 7 月

スタッフ・ブログ

「学生小論文コンテスト」の募集(NRI主催)

投稿日時:2012年07月31日 10:03

木村乃(きむらだい)です。

私の古巣である野村総合研究所(NRI)が社会貢献の一環として実施している「学生小論文コンテスト」の募集が始まっています!

■大学生、大学院生の皆さん!
チャレンジしてみてはいかがですか?副賞の賞金もなかなかですよ!

■大学の先生方!
ゼミ生等におすすめしてみてはいかがですか?自らの考えをまとめ発信するよい機会になると思います!

詳しくは下記URLをご覧ください。

http://www.nri.co.jp/publicity/contest/index.html

 

着地型旅行商品開発講座の募集

投稿日時:2012年07月30日 23:02

木村乃(きむらだい)です。

私もアソシーエション・スタッフとして所属しているリクルート「じゃらんリサーチセンター」のメンバーからのお知らせです。
これからの観光振興を考えるにあたって、様々なヒントが得られるのではないかと思います。
ご関心のある方は参加してみてはいかがでしょうか?

=================================================

リクルートじゃらんリサーチセンターの神奈川県着地型旅行商品開発講座担当からのお知らせです。
この度、神奈川県より「地域連携型観光資源開発支援事業」を受託し、現在、同講座の受講生を募集しております。

神奈川県内の魅力を広く内外に伝えていくためのノウハウは勿論、静岡県地域づくりアドバイザーの飯倉氏など、講師陣の実践的なプログラムも用意してございます。
地域づくりの根幹は「人」に尽きると思います。
本事業を通じて、県内の人と人、地域と地域が繋がっていく、皆さまと一緒に、そんな時間にしていきたいと考えています。
地域の魅力を発掘し、そして磨き上げ、次の世代へ、より良い未来をバトンパスしていきましょう!
皆さんのご参加を、心よりお待ちしております。

【詳しくは下記URLをご覧ください】

◆「地域連携型観光資源開発支援事業」の紹介ページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f80022/p494721.html

◆講座募集の告知ページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f80022/p490357.html

【お問合せ】
株式会社リクルート
じゃらんリサーチセンター
神奈川県着地型旅行商品開発講座担当
FAX:03-6834-8628
TEL:03-6835-6192

 

東京湾納涼船でのボディペインティングショー

投稿日時:2012年07月19日 11:48

友田景です。

先週、世遊名人対談に登場して頂きました深井仁美さんが、東京湾納涼船ボディペインティングショーをされるとのことで、初めて竹芝ふ頭へ向かいました。会社帰りのサラリーマンや大学生と思われる浴衣姿の女性など、想像以上に人が多くてびっくりしました。

深井さんはモデルの高垣麗子さんがカップヌードルのボディペイントをして話題になった日清食品のCMを担当し、世界大会で優勝経験のある日本で第一人者です!

初めてボディペインティングを拝見しましたが、面白かったです。アートなのですが、難しく考える必要がなく、純粋に楽しかったです。1体のペイントに4~5時間かかるとのことですので、モデルさんもさぞかし大変だろうと想像します。一緒に行った友人も大喜びでした!

半年後にもイベントがあるようなので、是非また足を運びたいです。

 

明治大学で、CSRとISO26000について講義

投稿日時:2012年07月12日 10:56

友田景です。

先月のことですが、明治大学で、CSRとISO26000について、2週連続で講義をしました。1日目は、CSRの概論についてのお話。CSRが生まれてきた背景や日本に昔からあったCSRの源流について。おそらくほとんどCSRの知識がないことを前提にできるだけわかりやすく話したつもりです。

2日目は主にISO26000のワークショップ。居酒屋、コンビニ、100円ショップ、文房具メーカーからモデルにする会社を選んでもらい4~5人のグループで、ステークホルダーの特定、事業領域の特定から考えられる経営課題の抽出とその対策について考えてもらいました。

同じ会社をモデルにしても取り組む課題の優先順位はグループによって異なります。企業の経営者としてCSRに取り組む場合にCSRは経営そのものということを体感してもらえたと思います。バイトしている居酒屋やコンビニの見方が、少しは変わったかな?

 

「ソーシャルビジネス市場とシルバー人材センターへの期待」

投稿日時:2012年07月11日 08:00

友田景です。

去る6月26日に、NRI社会情報システム様の第9回顧客セミナーにおいて基調講演をさせて頂きました。テーマは、「ソーシャルビジネス市場とシルバー人材センターへの役割」であり、全国のシルバー人材センター関係者140人ほどが集まられていました。私は、「ソーシャルビジネス市場とシルバー人材センターへの期待」と題して、市議会議員、コンサルタント、NPO法人の経営などの経験からシルバー人材センターのこれからの戦略として、ローカル・ソーシャル・ビジネスに取り組まれることの有用性についてお話をさせて頂きました。

主催者から当日の配布資料を頂いております。ご関心のある方には若干数ですが、当日の資料をお渡しすることができますので、ご連絡下さい。

 

【ビズワード】「紫陽花革命(デモ)」か「仕方がない」以外の選択肢

投稿日時:2012年07月09日 17:22

友田景です。

原発反対でのデモをニュースで見た。デモをする人たちが、警察官の機動隊に対して暴言を吐く。警察官は治安維持という職務を遂行しているだけなので、彼らに何を言っても原発が止まるわけはない。デモをする人たちの気持ちは分からなくないが、手法が違うように思う。原発反対のデモは、「紫陽花革命」と呼ばれているそうで、チュニジアの「ジャスミン革命」と比較して語られることも多いそうだ。だが、日本はアフリカやアラブ諸国とは大きく異なる。主権在民の民主化されている日本で、デモで政策が変わるとは到底考えられない。そう、僕の生前の安保問題のときだって変わらなかったのだ。マスコミ某社のアンケート調査で、脱原発を望んでいるの層は、7~8割を占めるとなっていることから民主主義が機能していないと叫ばれている。

少し話題から外れるが、今もうひとつ政治・政策の大きな話題である「消費税増税」について、名ばかりの顧問をしているNPO法人ドットジェイピーが、全国の3000人以上の大学生を対象に『消費税増税に関するアンケート調査』を行った。結果はこちら。ビックリなことに回答者の学生の半数近くである約48%が賛成層で、反対層の約37%の反対層を上回る。賛成層の理由として、約61%が「社会保障費などをまかなうためにはやむを得ないから」と回答している。また、政府の消費税増税の説明への納得度の設問には、半数近くの約48%が、十分、不十分ではなく、「普通」と回答している。とっても簡略化すると「なんとなく、仕方がなさなそうだから、(半ばあきらめで)賛成」という機運なのだろうか。

高校生時代に留学先で、「仕方がない」は、「Have no choice」だと習った。つまり選択肢がないということ。消費税増税のアンケートに回答した学生は本当に選択肢がないと考えているのだろうか。原発反対に参加したデモに参加した人は、デモ以外に選択肢がないと思っているだろうか。

日本は言うまでもなく、民主義国家であり、その民主主義の手段を無視して、政策変更を要求するには、民主主義国家への冒涜だと思う。ドイツでは、環境問題を党の中心政策に据えた「緑の党」が躍進することで、脱原発へ舵を切った。日本でも「緑の党」が誕生しようとしているようですし、既存政党の中でも明確に脱原発を訴えている政党もある。自戒の意味を込めて、過去の原子力政策に盲目的に同意してきた我々有権者が、自分の行動に振り返り、正当な手法で政治に参加、参画する(政党や政治家を支援する、もしくは自分が立候補する)ことが求められているはず。原発反対を押し通して、俳優業をおやめになった方などは、サラリーマンにならずに立候補すればいいのにと思ってしまいます。

なぜなら日本は既に民主化された国であり、その民主主義の構造や制度が問題ならば、その制度そのものを変更をするべきです。でも、それはやはりデモやあきらめではなく正当な民主主義の手法によって。

 

地域イノベータープログラム 参加者募集

投稿日時:2012年07月06日 00:44

●期間限定で地域に移住!地域で新たなビジネスを起こす!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<< 地域イノベータープログラム 参加者募集 >>

~日本トップクラスの地域変革の現場に取り組むパートナーを募集~
気鋭の地域プロデューサーともに地域で新たな仕事をつくる
>> http://community_innovators.etic.or.jp/ <<
————————————————————————
produced by NPO法人ETIC.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地域イノベータープログラムは、地域の変革を担う起業家や地域プロデューサー
のもとで共に事業を立ち上げるパートナーを発掘・育成し、
持続可能な地域の発展を目的とするプログラムです。

衰退する地域が、活力を取り戻し、将来的に新たな担い手が育っていくためには
新たな仕事、新たなチャレンジが必要不可欠です。

本プログラムでは、それぞれの地域で新たに仕事をつくり出そうとしている
起業家や地域プロデューサーのもとにフルコミットで参画し、
共に新たな事業を創っていくパートナーを募集します。

まさに経営者と同じ視点で新たな事業の責任者として取り組むことができる
挑戦の機会があります。

2012年度は、本プログラムに参画する【10名】の精鋭を募集しています。

地域だからこそできる新たなアプローチの現場で、新たなモデルを共に
創っていく想いのある方の参画をお待ちしております。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【1】 プログラムの特徴
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本トップクラスの地域変革の現場での約8ヶ月間のプロジェクト実践

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
地域課題に取り組むNPOや企業にリーダー格のポジションで参画し、
新規事業の立ち上げや事業課題の解決に約8ヵ月間フルコミットしていた
だきます。そして、実際に成果を挙げるプロセスの中でリーダーシップ
や起業家精神、地域の変革に必要不可欠な実務スキルなどを
獲得してもらいます

●変革に挑む地域プロデューサーや仲間と切磋琢磨する合宿形式の集合研修
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
期間中で2回の合宿形式のリーダーシップ研修を実施します。
変革の現場で成果を挙げるために必要なマインド・視点を徹底的に
身につけると共に、一歩先をゆく地域プロデューサー、若手社会起業家や
全国から集まった仲間と課題やビジョンを共有し、
切磋琢磨する環境があります。

●気鋭の社会起業家、地域プロデューサーによる経営指導・支援
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
地域のイノベーションに挑んできた気鋭の先輩起業家、
地域プロデューサーがプログラム・アドバイザーとして、経験や知識を
伝授します。場合によっては、各現場で抱える事業課題に対して
直接、アドバイスをもらうことも可能です。

●プログラム終了後の継続支援
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
プログラム修了後も、プログラム・アドバイザーやETIC.事務局および
ETIC.の地域パートナーなど、全国のネットワークを総動員して、その後
の事業・プロジェクト立ち上げ支援や、地域での就職、地域イノベーター
に向かってのキャリア支援を継続的に行っていきます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【2】受入先・プロジェクト紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どの受入先・プロジェクトもETIC.が厳選した、
現在の日本でトップクラスの地域イノベーションの現場です。

http://community_innovators.etic.or.jp/project

1.地方地域で増えつづける、さまよえる「ハコモノ」資産に光をあたえる、
スポーツによる地域振興と合宿を併せた合宿地づくりプロジェクト

株式会社R.project(千葉県鋸南町)

千葉県鋸南町は東京から車で約1時間という好立地であり、町内にて
サンセットブリーズ保田を運営する同社は「スポーツ」と「合宿」を
組み合わせた新たなビジネスモデルを模索しています。
多くの土地で増え続けるハコモノをいかに有効に活用するかを考え
日本における新たなモデル作りを目指します。

————————————————————————
2.“農・障・高 連携” 日本の原風景が残る中山間地で、
課題を資源に変える「仕事づくり型社員研修」をプロデュース!

特定非営利活動法人 UNE(新潟県長岡市)

「中山間地の資源を活かした、企業の若手社員研修受入れ事業」の
立ち上げに向けた調査・企画立案・営業をスタート!

————————————————————————
3.Perspective!Passion &Missionがmain streamを進化させる!

社会福祉法人トゥムヌイ福祉会(沖縄県糸満市)

沖縄でカフェ専門雑誌の表紙を飾るほどの人気店を運営しているのは
障碍をもった方々。福祉の分野にこそ「経営」が必要と語る喜納代表
のもとで、新たなビジネスモデルを立ち上げる!

————————————————————————
4.150人のひょうたん島に生きる~湯向公民館再生プロジェクト~

一般社団法人へきんこの会(鹿児島県口永良部島)

人口150人の離島、口永良部島。この土地で新たに仕事を創りだそうと
奮闘する若者たち。
「自分たちが辞めたら次は無いと思っている。だから島のためにも
今自分たちがやるしかない」
人口150人の島を舞台に、移住交流のための事業をスタートさせる!

————————————————————————
★その他のプロジェクトも随時Webにて紹介しています。
>>詳細はこちら
http://community_innovators.etic.or.jp/project

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3】 募集概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集人数:各プロジェクト1~2名

●対象となる人:
★今まで得たノウハウや経験を活かして地域をフィールドに
新たな事業を創りだしたいと思っている方

★地域を変えている現場で自分が今後地域で起業をする際の
作法と技法を現場で習得したいと思っている方

★いま勤めている会社を退職して、地域を変えていく現場での
事業立ち上げに参画していただける方。

★近い将来、地域の課題解決を担う起業家・プロデューサーになる
という明確な意思を持っている方

●応募条件:
☆8カ月以上、地域の課題解決に挑むNPO・企業のプロジェクトに
住み込みで、プロジェクトににフルコミットできる方

☆現場での課題解決に資するプロジェクトマネジメント等の経験や
実務スキルを備えている方

☆主に20代~30代前半の社会人または大学生/大学院生の方

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【4】 スケジュール
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●応募・選考スケジュール
~7月25日  募集期間(一次選考)
7月26日~8月2日   一次選考結果通知
8月3日~8月12日   二次選考面接
~8月25日前後 受入先との最終面接

●プログラムスケジュール
・8月中旬~9月上旬 現場実践随時スタート
・11月24日(土)~11月25日(日) 東京での中間合宿
・2月15日(金)~ 2月17日(日) 東京での終了合宿

>>詳細はこちら
http://community_innovators.etic.or.jp/schedule

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【5】 エントリー方法
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●プログラムへの参画を希望する方は、下記ウェブサイトより
エントリーシートをダウンロードのうえ、必要書類を事務局まで
添付ファイルにて送付下さい。

書類選考のうえ、送付頂いてから1週間以内にはご応募頂いた皆様に
結果を通知させて頂きます。

>>エントリー書類のダウンロードはこちら<<
http://community_innovators.etic.or.jp/apply

◎一次選考応募〆切
・7月25日(水)22:00

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【6】マッチングフェアのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

応募を検討されている方はマッチングフェアや個別説明会にご参加ください

●マッチングフェア
<日時/会場>
日時:2012年7月14日13:30~18:00(開場: 13:00)
場所:NPO法人ETIC.(渋谷駅・原宿駅徒歩8分)

今回のプログラムのマッチングイベントとして7月14日(土)に
マッチングイベントを開催します。
直接、一緒に働く地域の経営者の方と実際に会って、じっくり話すことで
よりリアルにプログラム参加後のイメージを持つ場として活用ください!

改めて、「今このタイミングで」「自分はどんなテーマで働きたいのか」
「実際にどんなことを行うのか」など地域での仕事や、
自分の関心のあるテーマに取り組んでいる方々の話を直接聞き、
将来を見据えたアクションを起こすことがみなさまの今後のキャリアを
大きく変革するきっかけになると信じています。

★マッチングフェアへのお申し込みはこちらから
http://community_innovators.etic.or.jp/fair

●事前説明会について
マッチングフェアにご参加いただけない場合は、個別説明会も開催して
おります。説明会では、本プログラムの特徴・概要、
各地域のプロジェクトの詳細、プログラムの参加に関する個別相談の
時間も用意しております。
以下の、各回の情報をご確認のうえお申込み下さい。

★個別説明会のお申し込みはこちらから
http://community_innovators.etic.or.jp/briefing

※尚、プログラムのエントリーは、この事前説明会の参加は
必須ではありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お問合せ先:特定非営利活動法人 ETIC.(エティック)担当:瀬沼
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115 / FAX:03-5784-2116
E-Mail:area-innovators@etic.or.jp
Website: http://community_innovators.etic.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress