HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2011 » 12 月

スタッフ・ブログ

「京都党」が政務調査支援により、条例提案へ!

投稿日時:2011年12月20日 15:46

友田景です。

先月、「地方議員支援サービスを開始します!」とご案内しましたが、早速、京都市会の会派「京都党」からご相談があり、「技能労務職に関する採用に関して」アドバイザーとして支援いたしました。

その結果、「京都党」と「みんなの党・無所属の会」が合同で、技能労務(清掃現業)職の採用に関する議員条例提案を行う運びになりました。詳しくは、下記のニュースをご覧下さい。地方議会で、議員(議会)側から条例提案を行うことは、まだまだ事例が少なく単なるチェック機関でしかありません。議員側が提案条例を行うことは、議会が本当の意味で政策提案を行うところまで漕ぎ着けたことの証左であり、本当に素晴らしいことだと思います。

MSN産経ニュース 「現業採用凍結の条例案 京都党など2月議会提案へ」

ヤフーニュース(京都新聞) 「現業職員の採用凍結順守を 2月市会、京都党のみが条例案提案」

弊社では、政務調査費を用いての地方議員の支援は、昨年の西宮市議会の会派「にしのみや未来」の支援に続いて、2例目になります。今後とも地方議会の活性化に向けて、支援を続けて参ります。全国の地方議員の皆様、ご相談お待ちしております。詳しくは、下記パンフレットをご覧下さい。

議員支援サービス 『地域とのネットワークづくりと政策立案支援』

 

年末の大掃除、読み終えた本で寄付しませんか。

投稿日時:2011年12月20日 14:26

友田景です。

弊社のネットワーク人材であり、弊社サイトコンテンツにも登場して頂いたNPO法人「育て上げ」ネットの工藤啓氏と株式会社バリューブックスの中村大樹氏が共同で取り組む「キフボン・プロジェクト」。

世遊名人対談 第7回 工藤啓氏
世遊名人対談 第10回 中村大樹氏

自宅やオフィスで不要になった古本・ゲーム・CD・DVDをお送り下さい。
古本等が寄付となって、若者の就労支援活動に役立てられます。
被災地のご​支援にも活用されます。

株式会社バリューブックスが、お送り頂いた古本等の買取金額をNPO法人「育て上げ」ネットに寄付致します。

今なら年末大掃除キャンペーン(12月31日まで)として、買取金額の20%を株式会社バリューブックスが上乗せして、寄付します!

詳しくは、こちらの外部サイトからご覧下さい。

「キフボン・プロジェクト」のフェイスブックページはこちらから。

 

【ビズワード】文化と文化財

投稿日時:2011年12月20日 13:46

木村乃です。

「文化」ってなんでしょうか。僕は今から約10年前に、かつての上司でもあった野村総研(当時)の草野恵一氏の講演を聴いたとき、その答を得た。文化とは共通の様式のことである。僕はこれをアレンジして、「地域の『文化』とは、その地域において現在営まれている共通の生活様式のことをいう。」と定義し、まちづくりに取り組んでいる。

これと似て非なる概念として「文化財」がある。僕はこれを、過去の「文化」であって現在の営みと切り離されたものだと捉えている。したがって「文化財」は非日常の存在であり、また親しみや愛着を感じられることなく存在している。学術的価値は高かろうし、一部のマニアには堪らない魅力を感じるだろうが、一般の生活者にとってはさほど関心を持てるものではない。

僕は近年、地域ブランディングというテーマで講演をすることが多いのだか、そういうとき受講生から「うちのまちには魅力的な資源は何もない」といった声を頻繁に耳にする。そういうまちの観光パンフレットをみると、確かに面白くない。なぜそうなってしまうのかというと、農水産物以外の観光資源といえば「文化財」のことだという思い込みがあるからだろう。神社仏閣、名勝、旧跡。だから、聞いたこともないような無名の「文化財」をパンフレットに羅列している。そんなものに誰も興味は持たない。無名であっても、地元住民が日常的に祈りを捧げたり、散歩に行って堪能したりしていれば、それは「文化」である。その場合に紹介すべき情報は、人々の営みそのもの(=文化)であって、「文化財」としての価値ではない。

「文化財」ではなく「文化」ということにこだわれば、「何もないまち」はありえない。「文化財」だって、知恵を出しあってその存在を日常に取り戻せばもう一度「文化」として再生される。人が集まってそこに暮らしている以上、共通の生活様式は必ずある。ただ、それが地元の人々にとってあたりまえにすぎて、注目することがないために認識できていないだけだ。
地域ブランディングの第一歩は、地域の「文化」を今一度探索することだ。よそのまちの人の目を通して、自らの日常を改めて点検することである。そうした地道な作業を通じてこそ、持続力のあるブランディングが可能となる。

 

プロスポーツとは何か。天皇杯を観戦しての雑感。

投稿日時:2011年12月19日 16:05

久々に生でスポーツ観戦をした友田景です。

天皇杯(全日本サッカー選手権大会)の4回戦、川崎フロンターレ湘南ベルマーレの試合を縁あって観戦しました。

武蔵小杉駅はフロンターレのポスターがずらり。中村憲剛選手のポスターはリアルすぎて、インパクト大でした。駅ロータリーのバス乗り場は長蛇の列。さすがに人が多いなぁと思いしたが、実際にスタジアムに行くとそれほどでもなかったです。

等々力陸上競技場前には飲食のテントがずらり。その中でも一番人気は春日山部屋のちゃんこ鍋でした。400円のちゃんこ鍋には長蛇の列で、並ぶ気が失せるほど。確かに力士がつくるちゃんこ鍋は魅力的ではありましたが。他にもブラジルのソーセージや和幸のとんかつ、豚まん、ビビンバなど多種多様なテントがありました。

競技場の中に入ると面白いのが、スタジアム(競技場)の中に「フロンターレ神社」があり、お賽銭はスタジアムの環境美化に使われるそうです。川崎市の環境局へ寄付金として渡されています。そして、サポーターが陣取る席は、とっても熱くこのような張り紙が。。。ただ90分だけでなく、ゲーム開始の1時間前から声を出して熱心な応援をしていました。サポーターとしての熱い気持ちだけでなく、体力も必要かと。

僕たちはバックスタンドに陣取りましたので、右側にホームのフロンターレサポーター席があります。ここは席がかなり埋まっていますが、他は空席が目立ちました。この日の観客は、9,000人足らず。Jリーグの公式戦なら平均で18,000人ほどのようなので、やはり天皇杯は人気がないのか。。。

試合は、フロンターレとしては残念ながら敗戦。J2の湘南ベルマーレに敗れたこともあり、サポーターからは大ブーイング。確かに試合内容もよくなかったので、サポーターの気持ちもわからなくもありませんでした。「相馬(監督)責任とれ!」と言った厳しい声もありました。さすがにプロの世界は厳しい。

サッカーはズブの素人ですが、素人の僕が見てもフロンターレは勝てる雰囲気はありませんでした。ボールはキープしているが、人は動かないので、パスの出し手を探している場面が多く、ゴールのにおいがしない。ベルマーレの方が、カウンター狙いが明確で、攻撃にスピード感がありました。勝敗はさることながら、残念ながら見ていて楽しいサッカーではありませんでした。

プロスポーツって、勝ち負けはもちろん大事なんですが、やっぱりファン(サポーター)あってはじめてビジネスとして成立するものです。これだけ、スポンサー(広告)が出してもらいにくい経済環境なので、それに頼ることはできないはずです。Jリーグ各チームの財務状況はこちら。スタジアムへ来てもらって、観客動員数で稼ぐことができなければ、チームの継続性は難しいわけです。それに観客動員数が増えれば、当然ながらスポンサーも付きやすくなります。

以前、プロ野球の日本ハムファイターズに新庄剛志という選手がいたことは、皆さんの記憶にもあると思います。同じチームには、小笠原道大というスター選手がいました。二人には、単に野球の成績でいえば、大きな差があります。でも年俸はそれほど差がありませんでした。なぜなら新庄選手はファンにスタジアムへ足を運ばせる力があったからです。彼は、野球もさることながらファンを喜ばせるパフォーマンスが上手かった。ファンを大事にして、またスタジアムに来たくなるようなビックリするようなことをやらかすわけです。

プロですから「野球がうまい」、「サッカーがうまい」こと、そして勝つことが、当然求められる要素ではありますが、それだけではやっていけないのがプロスポーツだと思います。当然、勝ち続けて毎年優勝が理想ですが、チームは負ける時もあれば、弱いときだってあるでしょうし。それに中日の落合監督が優勝したのにもかかわらず、首を切られた理由のひとつに思います。「勝利は、必要条件ですが、十分条件ではない」ということなのでしょう。単に「勝利」だけでなく、「勝っても負けてもファンに喜んでもらう」そんな仕掛けや取り組みがなければ、経営での継続性は難しいかと。ドラッカーでいう会社経営の「利益は、十分条件ではない。」ということでしょうか。

「勝利だけでなく、ファンに愛される選手、チームが、プロの世界で生き抜いていく秘訣か」そのようなことを考えながらながらスタジアムを後にしました。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress