HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2011 » 8 月

スタッフ・ブログ

ご当地グルメは『カレーうどん』の豊橋

投稿日時:2011年08月31日 17:11

今週は移動が多い友田景です。

昨日は愛知県豊橋市でお仕事。昨年から何度か足を運んでいるが、豊橋市は『手筒花火のまち』らしい。駅構内にこんな人形がいる。ゆるキャラ!?当然イベントもあり、かなりすごいようだ。こちら。や豊橋商工会議所のこちらのページ。

そして、『カレーうどん』のまち。駅を降りれば、のぼりがあちらこちらに立っているが、なかなかお店が見当たらない。

駅ビル1階の飲食店街にお店を発見!前から気になっていたご当地グルメである『カレーうどん』を食することにする。

結構いい値段がするなーと思ったが、注文する。すると「豊橋カレーうどんですか?普通のカレーうどんですか?」と確認される。違いを尋ねると「豊橋カレーうどんは、うどんの下にごはんととろろが入っています。」と説明される。うどんの下にご飯ととろろ!?すかさず、「豊橋カレーうどんで!」と注文。

出てきたのはこんな感じ。喜び勇んで、写真を取る前に思わず箸をつけてしまったので、ちょっと汚い盛りつけになってしまっていますが・・・。結構ちゃんと具も入っている。味もダシのコクが効いていて、いいお味。

食べていくとご飯が見えてくる。とろろとご飯をカレーに混ぜて食べるとまろやかな味になって、2度おいしい。なかなか素敵でした。また食べたいなぁと思いました。次行ったときはきっと味噌カツと悩むと思う(笑)。

豊橋観光コンベンションセンターのカレーうどんのページ

 

投票しがいのある政治家を見つけるために。

投稿日時:2011年08月30日 12:34

木村 乃です。
民主党代表選挙、そして首班指名、新首相誕生。やれ、増税総理だの、財務省の操り人形だのと、早速の揶揄、非難が始まっている。

有権者が政治家を監視し批判することは、民主主義において必要なことだとは思う。しかし、マスコミから垂れ流しにされるだけの“ごくわずかな”情報、しかも“スキャンダラスな”情報だけに依存して、揶揄・非難を繰り返すだけでは、政治がよくなるはずはない。

僕たちにできる政治行動は「投票」でしかない。できれば、投票しがいのある政治家を見つけ出し、一票を投じたい。そのためには、それぞれの候補者が「何を語るか」ではなく、「何を実践しているか」という情報が必要だと思う。しかもそれは、議会や政党の中での活動ではなく、“政治を志している人としての日常の社会活動”として何を実践しているか、という情報であることが大切だと思う。でも、そういう情報はほとんどない。

そこで提案。

政治家(候補者)一人ひとりの日常の社会行動をドキュメントする情報誌を創るのはどうだろうか。本人がセルフプロデュースすればいい。提灯記事でも結構。消えてなくなる言葉(公約)に比べれば、事実としての情報の方がよほど役に立つ。駅頭で配布している広報ちらしがそれに該当するのだろうが、どうも中身が冴えない。もっと、志のある人として、地域社会の中で、日本の中で、世界の中で、どんな行動をしているのかが、読み物としてわかりやすくレポートされた雑誌のようなものがほしい。どんな家族がいて、どんなところに住んでいて、毎日をどんなふうに過ごしているのか。政党内部や議会での活動以外に、どれほど国民、地域住民の中に入って活動しているか。それを知ることで、減点方式ではない加点方式の選択ができるようになれると思う。

国民がみんな評論家になってしまえば国は滅ぶ。今はそういう危機だと思う。
みんなで知恵を凝らして、投票しがいのある政治家を見つけるための工夫をすべきだ。
それこそが、政治不信を解消するために必要な「政治改革」だ。

 

悪法も法。改革したくば、シロクロはっきりつけてグレーゾーンを駆け抜けろ。

投稿日時:2011年08月22日 20:26

木村 乃です。

「石橋を叩いて渡る」。慎重な姿勢を示す慣用句だが、行政の世界では法令法規の解釈に際し、しばしば「石橋を叩いて壊す」とでもいうべき現象が見受けられる。リスクは一切負わない、前例にないことはしない、過度な慎重姿勢が目立つ。一方で、“おいおい、大丈夫かよ”と言いたくなるほど慎重さに欠ける様子をみかけることも少なくない。法令法規に関する知識が欠落している場合だ。

「石橋を叩いて壊す」のはよくない。かといって、脆い石橋をそれと気づかずわたるのもまずい。一定のリスクを承知のうえで、いざというときの抗弁の準備を十分にしておく姿勢がいちばんいい。法令法規の解釈の幅はけっこう広い。だから、「明らにシロ」であることにこだわらず、「クロ」がどういう状態なのかを十分リサーチして「これならクロじゃない。グレー、ということはむしろシロだ!イケる!」と勇気をもってチャレンジすべきだ。そうしないと改革なんてできない。

だから、法令法規に関する高い知識を備えることが必要。自分に向いてなければ、向いているヤツをつかまえてアドバイスをもらえばいい。行政機関内にはそういう人材はたくさんいるはずだ。

 

東大阪大柏原高校、初出場!!~夏の甲子園~

投稿日時:2011年08月17日 11:34

近くにありながら10年以上ぶりに甲子園に行ってきた友田景です。

8月8日のことですが、地元の高校である東大阪大柏原高校の応援に行ってきました。地元からバスに乗って甲子園へ。人生初のアルプススタンドからの観戦でした。対戦相手は、至学館(愛知)。愛知県からバス50台での応援団との情報。さすがに1塁側アルプスは満員。応援もそろっていて、かなり気合を感じました。試合は、序盤は均衡していましたが、中盤から集中打が爆発し、終わってみれば8-1の快勝。大阪らしい派手な試合でした。

久々に生で観戦しましたが、スタジアムでは、やはり雰囲気を楽しむものであり、しっかりと野球を見たいならやっぱりテレビだなと思いました。特にアルプススタンドからでは、選手は小さいし、当然ながら表情などはわかりません。ただ、ホームランの放物線は綺麗に見えます。

その柏原高校の2回戦は、如水館(広島)でした。残念ながら延長で力尽きてしまいましたが、なかなかの好ゲームでした。ピッチャーの四死球が多かったのと、采配ミスかと思われるシーンがあったのが、残念でした。

相手の如水館(広島)は、3回戦も延長で勝ち、何と3試合連続で延長戦での勝利。まさにミラクルなチームです。今日の試合でもミラクルが出るか!?

 

キクチタケシ バースデイコンサート2011 「扉~とびら~ツアーファイナル」in SHIBUYA

投稿日時:2011年08月16日 14:03

こんにちは。木村乃(きむらだい)です。

さて、ライブイベントの告知です。
みなさん、ぜひ遊びにいらっしゃってください。

———————————————————————-
私の友人でもあるミュージシャン・キクチタケシは、横浜の音楽シーンの中心的人物。

ピアノを弾き語るスタイルで横浜、都内の音楽シーンで活躍中のシンガーソングライターです。

キクチタケシ → http://www.takeshikikuchi.com/

================================================

キクチタケシ バースデイコンサート2011

「扉~とびら~ツアーファイナル」in SHIBUYA

会場:Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

(マウントレーニアホール渋谷プレジャープレジャー)

日時:2011年9月4日(日)

開場:18:00 開演:19:00

================================================

キクチタケシ初のツアーファイナルでもあり、また初のワンマンホールコンサートでもある今回のイベント。

私(木村)も行きます。皆様にも是非お越しいただきたく思っております。

================================================

【チケットインフォメーション】

Mt.RAINIER HALL/03-5459-5050

¥4,000_(ご入場の際1drink¥500)

詳しくは・・・

http://www.pleasure-pleasure.jp/index.html

■チケットぴあ ■■■■■■■■■■■■■■■■

http://pia.jp/t/tkikuchi/(PC/携帯共通)

TEL:0570-02-9999

Pコード:140-346

■イープラス ■■■■■■■■■■■■■■■■■

PC用購入ページリンクURL

http://bit.ly/n1WgX7

携帯用購入ページリンクURL

http://bit.ly/qHcDUq

 

今が旬の葡萄のまち柏原(かしわら)!

投稿日時:2011年08月02日 15:09

ぶどうのまち、柏原(かしわら)に住んでいる友田景です。地元にある高校の東大阪大学柏原高等学校が初めての甲子園出場を決めました!わざわざルビを振ったのは、関西キー局の某社アナウンサーでも読み間違えをされたようです。。。

それは別として、野球人口が多く、レベルが高い参加187校の大阪予選を勝ち抜くことは、甲子園で優勝するよりも難しいと言われる中で、ホント見事です。元野球小僧の僕としても興奮しています。今年は何とか応援に行きたい!

そして、地元では葡萄が最盛期。地元のブドウ農家も随分と減少しましたが、まだまだ元気に頑張っていることろもあります。僕がいつもお使い物としてお世話になっているが、「山常園」です。品種が多く、多くの味を楽しむことができます。うちの2歳半の娘も果物はあまり食べないのですが、ここのブドウだけはパクついて離れません。写真は、自宅用に形よりも内容を重視して、色々と7つの品種を入れてもらいました。綺麗な商品の写真はこちら

みなさんも一度、ご賞味ください。電話でも注文できます。友田の紹介と言えば、特典があるかも。ないかも(笑)。

山常園  【住所】大阪府柏原市安堂67  【電話】072-972-3794

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress