HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2011 » 1 月

スタッフ・ブログ

新しい公共をつくる市民キャビネット 設立1周年イベント

投稿日時:2011年01月31日 23:24

 毎日寒い日が続きますね。友田景です。

 先週の木曜日に「新しい公共をつくる市民キャビネット 設立1周年イベント」に参加してきました。「新しい公共」とは、前鳩山総理が、所信表明演説で表明し、内閣府内に円卓会議を設置しました。現管政権になり、新しい公共推進会議を設置しています。市民キャビネットは、円卓会議が設置されたことを受けて、NPO側から政策提言するための機能として集結し、設立されました。

その1周年記念ということで、玄葉光一郎内閣府特命担当大臣(「新しい公共」担当)、篠原孝農林水産副大臣、辻元清美NPO議員連盟幹事長、鳩山由紀夫新しい公共調査会会長、江田五月法務大臣、福嶋浩彦消費者庁長官(出演順)に来賓挨拶をされ、パネルディスカッションでは岸本周平新しい公共調査会事務局次長、鈴木寛文部科学副大臣に参加されました。

民主党政権に関わる国会議員が訴えていたことは、寄付税制の改正です。現在の寄付金控除は、所得控除であり、1万円を寄付すれば、約500円の税控除になります(確定申告が必要)。当然上限もあります。それが、税額控除に変更になり、寄付した金額から2000円を差し引いた額の半額を税金から控除されます。1万円の場合は、4000円が控除になります。上限は、所得税額の1/4まで。こちらも当然ながら確定申告が必要ですが。

控除先は、これまでは、認定NPO法人である188団体しかなかった(日本のNPO法人は4万1千あります)のが、改正後は、NPOだけでなく、公益法人、学校法人、社会福祉法人なども可能です。もちろん地方自治体にも。寄付を受ける団体は、仮認定制度を受けられ、申告すればその時点から認定されます。3年間のうちに3000円×100人から寄付を集めないと認定が取り消されますが、仮認定中の3年間の分は、取り消しがありません。

ただし、これらは法案が通らないとダメなので、政権与党の国会議員からは、是非とも野党にも呼びかけて今国会で、通したいとのことです。

岸本議員は、「これ(寄付税制)が、できれば劇的にお金の流れが変わるハズ」と断言されていましたが、正直なところ今ひとつピンときませんでした。「新しい公共」の動き自体もそうですが、まだまだ内輪の話に過ぎないように感じてしまいます。ツイッターをはじめとするソーシャルネットワークやCSRや社会貢献、社会起業家が劇的に「世の中を変える」とされていますが、社会一般的には、きっとまだピンとこないのと同じ感じがします。単に僕が鈍感なだけなのか、それともやはり仕組みとしてまだまだなのかは、わかりませんが・・・。

新しい公共の動きはもちろん賛成の立場ですし、そういう流れがもっと加速することを望んでいますが、まだまだブームのハシリに過ぎず、本格的なブームにもなっていないように感じます。ブームからムーブメントにするためには、まだまだ段階が必要だと感じました。僕がそれこそ、その一助になるように努力をしないとと感じた1日でした。

   

 

日本の社会起業家の特徴と背景

投稿日時:2011年01月25日 21:02

友田景です。

独立行政法人 中小企業基盤整備機構(中小機構)の調査レポートが非常に興味深いです。政府が進めようとしている「新しい公共」を前進させる上での示唆になると思います。ソーシャルビジネスレポート①とあるので、続編を期待しています。

「ソーシャルビジネス調査1  日本の社会起業家の特徴と誕生の背景 
(問題意識と「隠れた起業家教育の契機」の相互作用という視点から」

弊社のサイトコンテンツである「世遊名人」対談に出て頂いたNPO法人育て上げネットの工藤啓さんが、レポートの中で取り上げられています。

是非、ご一読下さい。

 

「生産性新聞 2011年1月5日新年号に弊社代表・木村乃が寄稿」

投稿日時:2011年01月19日 03:06

公益財団法人日本生産性本部が旬刊(毎月5日・15日・25日)発行している「生産性新聞」の2011年1月5日新年号において、弊社代表の木村乃が「地域主権改革と行政の自己革新」というタイトルの文章を寄稿しています。

同紙新年号では、「しなやかでたくましい日本のための成長戦略」をテーマに各分野の専門家18人が、将来の日本を見据えた上で、現状に対する問題認識と解決に向けた示唆を提示するという趣向での誌面構成となっています。

弊社代表の木村乃はその一人として、行政改革と地域活性化を内容とする文章を寄稿しています。誌面の一部をPDFで閲覧していただけるようにしていますので、ぜひご一読ください。

紙面はこちらです。生産性新聞 2011年1月5日号

 

【ビズマガ連動】言語ダイバーシティ

投稿日時:2011年01月18日 11:49

木村乃です。

標準語だか共通語だか知らないが、今の日本ではあまりにも言語の多様性が軽んじられてはいないだろうか。学校ではどこまで方言や訛りが使われているだろうか。かく言う僕も、大学で関西に出てきたときも、就職で東京に出来てきたときも、自分の方言・訛りを曝け出してはいなかった。いつのまにか標準語の使い手になってしまった。

しかし、独り言を言うときはどうだろう。声を出さずに頭の中で言葉を発しているときはどうだろう。僕の場合は、やっぱり生まれ育ったまちの方言、訛りでしゃべっている。要するに、人に聞かれていなければ方言・訛りのまま暮らしているということなのだ。これは方言・訛りが恥ずかしいから、上品じゃないから、といった心理作用なのだろう。

地域活性化を仕事にしていながら、方言・訛りに恥ずかしさを感じているとは何事か!それこそ恥ずかしいとは思わんのか!という自分の声が聞こえてくる。

異質な文化が出会い、新しい文化を醸成していく。沖縄のチャンプルー文化がその際たる例だ。新しい文化の醸成過程は、種の交わりと同じようなものだ。文化(種)の多様性があるからこそ、持続力が保たれる。地方言語は、地域文化を代表選手と言ってもいい。

生物多様性がバイオ・ダイバーシティなら、言語の多様性は言語ダイバーシティとでも呼ぶことができるだろう。

御多分に漏れず僕もTwitterを利用しているが、ここではできる限り方言を使っている(http://twitter.com/#!/kimuradai)。

東京の、ビジネスの場面で、方言を普通に使えるようになるには、まだまだ僕は“弱い”。そこで、「言語ダイバーシティ」なるスローガンを標榜して、自分を鼓舞することにした。ちなみに、僕の言語は福岡弁。博多弁とは少し違う福岡の言葉。今度、皆さんにお会いしたとき、僕がこうご挨拶したら、皆さんもご出身の地の言葉で返していただければとても嬉しい。「元気にしよんしゃったですか?」

 

神田明神へ初詣

投稿日時:2011年01月12日 16:19

木村乃です。

本日(1/12)、年始早々からそれぞれ忙しく飛び回っていた弊社スタッフがようやく一堂に会してのミーティングをもった。新年のあいさつと情報共有を小一時間で終え、木村祐子、友田景、菅裕子、そして僕の4人で神田明神へ初詣に出かけた。ちょうど、火消しの皆さんの参拝が行われていた。江戸らしい風景にめぐり合わせたのは、なんとなくラッキー。商売繁盛のお札をいただき、僭越ながら?会社を代表しておみくじを引いた。「大吉」。よろしい、よろしい。社長の面目が立った。門前のお店で甘酒をいただいた。その玄関口に面白い(かわいい)鬼の飾りがあったのでパチリ。腹薬の宣伝用レリーフのようだ。そんなこんなで、幸先のいい年始となった。(写真上段左は、友田景・木村祐子・菅裕子、上段中・右、下段左は神田明神の山門、下段中は火消しの皆さんの参拝のご様子、下段右は鬼のレリーフ)

  

  

 

自分のルーツ

投稿日時:2011年01月12日 09:37

友田景です。

遅ればせながらあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

正月は親戚などが集まる機会が多いのではないでしょうか。・・・と書きましたが、核家族化が進み、もはや日本の風物詩は少数派なのでしょうか。という我が家も私と嫁の実家へ行ったのみで、以前のような親類に会うことはありませんでした。

でしたが、正月早々の8日に叔母が他界。期せずして、親類が集まることになりました。彼女は膠原病という難病に悩まされ続け、2年3カ月は寝たきりの状態でした。彼女には子どもがいませんでしたので、僕が近所に住んでいたこともあり、小さい頃は大層可愛がってもらいました。また彼女は、美容師をしていたので、高校生の時は、その美容室でバイトもしていました(タオルの洗濯や受付など)。親類の中でも何かと関わりが多かったので、本当に残念でなりませんが、病気の苦悩から解放されたのだと思うとよかっただと思います。

その葬儀に4歳の息子を連れていくと周囲から「けいちゃんもついこないだまでこんなんやったのに一人前になって」と言われる始末。一人前かどうかはわかりませんが、日本人の平均以上には身長は大きくなりました(笑)。親戚が集まると話の話題は昔の話。僕の知らなかった祖父母の話などが出てきました。

そこである人から言われたのが、「子どもは親を超えていかなあかん。いつの時代でも。そやないと家(家系)は守られへんし、時代は進歩せいへん。日本の色々な問題や閉塞感はそこにある。だからちゃんと親や先祖を大事にして、その歩みを超えていくことや。」

身にしみる言葉でした。自分のルーツを知ることで学ぶことは多い。もはや離れていて、会うことも少ないがそんな機会を大切にしたいし、残されたものとしてその役割を果たしていきたい。

合掌。

 

新春恒例の・・・

投稿日時:2011年01月09日 16:58

木村祐子です。

我が家の次男(小2)は、地域のサッカーチームにお世話になっています。新年の初練習は3日。朝から親子大会で汗を流しました。

そして昨日(8日)は、長男の野球部の毎年恒例の「豚汁会」。家庭科室をお借りして、部員の母達で約50名分の豚汁を作りました。長男もそうですが、地域の野球チームやソフトボールチーム出身の部員が多いので、お母さん達も積極的にお手伝いに参加。母パワー全開で、あっという間に鍋いっぱいの美味しい豚汁ができました。

子育て支援、若者支援をテーマにした仕事に関わることが増えましたが、施策や事業という枠組みではあまり語られないけれど、やはりこのような地域密着の活動はとても貴重。子供達の成長とともに、身近にこのような場があるということは本当に有難いことだなあと、実感しています。活動に関わってる方々のボランタリーな精神に支えられていて、採算性とか言い出したら、全く成り立ちません。

猛暑の日も、寒風吹きすさぶ日も子供達の指導にあたって下さる指導者の方達に改めて感謝、です。

今年も、時間と体力の許す限り、微力ながら関わっていきたいと思っています。

それにしても、今年の親子サッカーは自分の年齢を考慮して、1ゲームのみの参加で許していただきました。

2年生とはいえ、なかなか手強い。もう来年は歯が立たないかもしれません。体力UPも今年の目標です。

 

ライブ感のある1年に

投稿日時:2011年01月09日 15:35

木村祐子です。遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

年明け早々、娘と劇団四季「マンマ・ミーア!」を観に行きました。

演劇にしても、音楽にしても、やはり生のステージは良いですね。

ステージの汗、息づかいが客席にも伝わり、何が起こるかわからないドキドキ感、ワクワク感が会場全体に溢れていました。

本番まで積み重ねてきたであろう厳しいトレーニング、リハーサルを想像すると、胸がいっぱいになり、じわじわと涙がでてきたりして。そしてエンディングは観客総立ちで大いに盛り上がりました!(アバ世代にはお薦めの舞台です。)この感動はライブでしか味わえませんね。

普段はなかなかまとまった時間がとれませんが、リフレッシュできました。今年はコンサートや舞台に積極的に出掛けたいなと思っています。

ビズデザインも、皆さまにエネルギーを感じていただけるよう、今年も元気に頑張ります。

 

謹賀新年 本年もよろしくお願いいたします

投稿日時:2011年01月02日 11:40

新年 あけましておめでとうございます。ビズデザイン株式会社・代表の木村乃(きむらだい)です。
旧年中、皆様にはたいへんお世話になりました。本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

弊社も本年7月には創業3周年を迎えます。ひとえに、皆様のおかげです。この場を借りて、感謝の意をお伝えいたしますとともに、引き続きのご愛顧をお願い申し上げます。

激動、激動と毎年繰り返し喧伝されていますが、私はこの変化は産業革命以来のパラダイム・チェンジの予兆だと思っています。いよいよ、市民の志、企業の志、政治の志が試される時代です。また、長きにわたって培われてきたにもかかわらず、戦後の都市化、自虐史観のなかで喪失してきた多様性あふれる日本文化を、その志によって再生し、地域社会の個性を取り戻すチャンスが巡ってきたのだと思っています。
ビズデザイン株式会社は、「市民と企業の力をつないで日本の元気と誇りを再生する」ことを第一のミッションとしています。
皆様とともに、この激動の向こう側にある時代のカタチをデザインしていきたいと思います。

毎年の恒例で、弊社・横浜営業所近くの「海の公園」(横浜市金沢区)に初日の出を拝みに行ってきました。見逃した方は写真を拝んでくださいね。

  

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress