HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2010 » 6 月

スタッフ・ブログ

「神」になれなかった本田 W杯 パラグアイ戦

投稿日時:2010年06月30日 08:28

昨夜はひとりでバーに行って、見知らぬ人と興奮していた友田景です。

横浜の住まいには、映りの悪いワンセグしかないので、テレビ難民になり、テレビを探し回り、最寄駅近くのバーに飛び込みました(笑)。PK戦のシーンでは、店の中にいたお客さん全員(見知らぬ者同士)で、肩を組み、声を上げて、応援していました。

いやー、残念でした。これだけ気持ちが入って、興奮したことは少なかったでしょう。そういう意味では、これまでのW杯よりも盛り上がった気がします。実際、過去のことは忘れてしまいましたが…。

試合展開は、正直ちょっと残念でした。試合後にゲストのヒデも話していたけど、もう少しサイドから駆け上がりと崩しが欲しかったです。逆にパラグアイはそこを徹底していました。一番のチャンスと言えば、松井からのパスで本田のシュートがワクを外したでしたよね。あそこで決めていれば、日本のマスコミは本田を「神」扱いしたことでしょう。でも、それも決して簡単なゴールチャンスではなかった。松井のバーを叩いたシュートは、あれを決めていれば、スーパーゴールでチャンスというほどのものではないと思います。もっとチャンスシーンが見たかった。負けないサッカーをするためには、ある程度ディフェンシブに戦わずはいられないので、あれが精一杯だったと思いますが。そういう意味で、本田が「神」になる以外、日本の勝つ可能性は少なかったような気もします。

それにしても選手の戦う姿勢と気持ちが強く表に出ていたと思います。そこが相手チームよりも常に上回っていたと思います。やっぱり気持ちは大事と再確認しました。個人的には、森本を見たかった。岡田監督とは選手の好み、使い方は違いますが、非常に戦略的に我慢強く、采配を振るっていたと思います。すごいプレッシャーを背負った中では見事としか言いようがありません。僕もみならって、気持ちを強く持って、粘り強くやっていきたいと思います。日本代表のみなさん、お疲れさまでした!

 

マニフェストマッチ

投稿日時:2010年06月28日 10:48

友田景です。

ヤフーみんなの政治が提供している『マニフェストマッチ』。自分の考え方と各政党のマニフェストの各政策に関する一致度を知るもの。これは、政策を読む必要があるので、毎日jpの『えらぼーと』よりもちょっと時間が掛かります。

実際にやってみると、どれがどの党の政策か結構わからないもの。それだけ各政党の政策が似通っている部分が多いのだと思います。政策は確かに重要だけど、それだけでは選べない部分もあると改めて実感。政党は組織。組織は人の集まり。最終的には自分物本位で選ぶのがいいと僕は考えています。

ちなみにぼくの結果はこちら。 http://bit.ly/96C1qn

 

えらぼーと

投稿日時:2010年06月26日 23:21

友田景です。

W杯に押されて、マスコミの取り上げ方も負けている感のある参議院議員選挙ですが、政権交代後の選挙として大きな意味があると思います。

毎日新聞が、有権者が衆院選の各政党候補者の考え方を知るためのサービス「毎日ボートマッチ(えらぼーと)」を、「毎日jp」(http://mainichi.jp/)で提供しています。どの党がいいのかイマイチよくわからないという人には、非常に参考になるサイトです。

僕もやってみました。結果はこちら。日本創新党70% 、みんなの党62%の一致率でした。結構当たっている感じがします。一度皆さんもお試し下さい。

 

鳥肌が立った! W杯 デンマーク戦

投稿日時:2010年06月25日 20:21

正直、日本代表のグループリーグ突破は難しいと思っていた友田景です。
日本代表の皆さん、ごめんなさい。

興奮し過ぎて、1歳半の娘を起こしてしまい妻に怒られました。

3試合の中で、徐々に試合の内容はよくなってきていて、
最高のゲームだったのではないでしょうか。
前から指摘していたサイドバックも駆け上がりも見れたし。

フリーキックが連続で2発決まることなんて、まずありません。
それも違う人が蹴って…。それもこんな大舞台で…。
岡田監督の『世界を驚かすサッカー』が体現されたと思います。
どちらもワールドクラスのキックでした。

本田は今大会で、大エースになりましたね。
本来のポジションでないのにそこまでできるかと。
ちょっと凄すぎます。

本田の評価が更に急上昇しているようで、
更にビッククラブへの移籍がありそうですが、
他の選手もヨーロッパに渡るのではないかと思います。
長友、遠藤は確実でしょう。阿部もあると思います。
岡田監督もオファーが来ているという話もありますね。

よく「勇気をもらった」とか「元気が出てきた」とかファンが言うことがありますが、
捻くれものの僕は、あんまりそんなことを感じることはありませんでした。
しかし、今回だけは本当に「感動した」し、「不可能なことなんてない」と
実感することができ、ほんとに元気をもらいました。
闘莉王の「下手くそなりのやり方で泥臭くやる」
この僕自身も言葉を忘れずに実践したいと思います。

 

【ビズマガ連動】社会の新陳代謝

投稿日時:2010年06月23日 07:36

友田景です。

30代半ばに入り、体型の変化が気になる今日この頃です。
久々にタニタの体重計に乗ってみると基礎代謝が随分落ちていました。
これでは贅肉が付きやすくなるはずです・・・。

管首相になり、民主党は「元気な日本を復活させる。」をスローガンにしていますが、
日本の社会が元気がない理由は何なのか、それは社会の中で新陳代謝が行われてないから
ではないかと個人的には考えています。

以前は、企業再生の仕事をメインにしていたので、末期症状の企業をいくつも見てきました。
企業は「going concern」で死なないと言われますが、事業の寿命はやはり30年程度じゃないかと思います。
企業は事業転換を図っていく中で、生きていくことはできると思いますが、
事業にしがみつき、それができずに潰れてしまう企業がほとんどだと思います。

企業が社会という組織の中での細胞のひとつと考えれば、
その役割を終えるのは当然なのかも知れません。
となると新しい企業が生まれてこなければ、社会としては健康を維持できません。

人間も生活の糧がなければ生きていけないので、最近ならば企業でなくても
NPOで働いて生計を立てている人もいます。
そういった新しい細胞が、社会の中でどれだけ生まれているがポイントになります。

国も「緑の分権改革」を掲げ、その中で大企業(大資本)中心から
コミュニティービジネスや中小企業などの活性化を謳っています。

そこで、どのくらいの起業件数があるのか調べてみると直近の詳しいデータが見つかりません。
統計局が行っている事業所・企業統計調査は5年に1回しかありません。

その平成18年度の調査では、事業所の廃業率が新設率を上回っており、下記の記載のとおりです。
「民営事業所の平成13年調査と比べた異動状況をみると、新設事業所数は135万8千事業所、
廃業事業所数は174万4千事業所となっており、新設率は22.1%、廃業率は28.4%となっています。
これを5年前(平成8年~13年)と比べると、新設率は1.5ポイントの低下、廃業率は1.1ポイントの低下と
なっています。また、平成18年の会社企業数は151万6千企業で、平成13年と比べると、
10万2千企業(6.3%)の減少となっています。」

「元気な日本を復活させる。」ためのベンチマークとして、ちゃんと社会の新陳代謝が
行われているのかを確認するために起業件数などはもう少し頻繁に数字を調査するべきだと思います。

なお、「事業所・企業統計調査」はH18年度で終了、H21年からは「経済センサス」へ移行されるそうです。
その発表は、来週の6月29日にあるので、注目です。

 

【イベントレポート】総務省 「地域力」の創造と「地域おこし」のヒント vol.4

投稿日時:2010年06月22日 23:28

友田景です。

前回に引き続き、総務省が「地域力」創造のための人材育成をと開講している連続講座。第4回目が6月1日に行われました。その内容をレポートします。

テーマ:「皆が地域のために活躍できる環境づくり」
講師:総務省地域力創造グループ人材力活性化・連携交流室長 宮田昌一氏

「新しいコミュニティのあり方に関する研究会」で、地域の活動団体などを調査をした。

地域の中にあった地縁などがなくなってきている現状で、
高度経済成長の中で、役所が家庭の中でやっているものを担うようになってきた。
例えば保育。地域の助け合いの中でやった方がソーシャルコストの低減になる。

地域の社会が成り立っていないとやりたいことができない。
互いの力を引き出しあいながらできる新しい仕組みを「地域協働体」と名付けた。
それをうまくいっているNPOなどを調査してまとめたものが、
「新しいコミュニティのあり方に関する研究会」である。

公務員も仕事と切り離して、地域の住民としてボランティアとして関わることが必要。

地域コミュニティ組織の課題は、2つに大別される。
人(リーダーと後継者の問題)とお金の問題。
そこで、「コミュニティ団体運営の手引き」というマニュアルを作成した。
役所がやった方がいいことと地域でやった方がいいことがある。
地域にあった機能がなくなってきた。

地域にあった機能を復活させるためには、新しい公共空間を形成が必要。
そのたには、地域の人材育成につながっていく。

総務省内に「人材力活性化・連携交流室」を設置。「人材力活性化研究会」を発足。

4つの柱を立てて事業を行っている。
1.個々の人材力の育成・強化
  講座の開催、地元大学などとの連携
2.人材力の相互交流とネットワークの強化
  「人材交流ひろば」の創設・開催…同じような課題を抱えているので、知識、思いを共有でき、閉そく感が出てきたときに打破できる
  移住・交流推進機構(JOIN)の活動活性化
3.人材力を補完するための支援
  マーケティングなどの専門家派遣など
4.人材力と成功事例等の情報提供
  地域力創造データバンクの拡充と積極的活用など

外部人材活用は3つの手法
地域おこし協力隊
集落支援員制度
アドバイザー(外部専門家)招へい事業

地域おこし協力隊
協力隊員には、3年間で自活できるようにしてもらいたい。
生活の足を確保、耕作放棄地など地域によって課題が違う。
何も準備なく、協力隊員が放り込まれても何もできないことが多い。
地域で協力隊を支える、面倒をみることが機能するためには大切。
協力隊員の定着率は4割。6割は都市に戻るが、その体験の話をして、田舎の理解者になる。

集落支援員
高野町はWEBで募集すると世界から応募があった。
集落支援員は高齢者になったニュータウンなど、大都市でも使える。
財源の特別交付税は別にするとこういう機能は必要とされているはず。

アドバイザー(外部専門家)招へい事業
地域物産のマーケティング支援などを行っている。
平成20年・21年度は、11の市町村において活動を展開。
民間専門家(84名)、先進市町村職員(38名)の122名が登録されている。
あらゆる世代、あらゆる職種、あらゆる団体・グループを対象としたプログラムの策定をしている。
NPO、大学、企業、地域団体等との連携のもの実施。

例えば、TOSSと連携して、小中学校における「まちづくり教育」を推進。
地域のことを勉強する機会がない。地域づくり、まちづくりの勉強をする。

地域おこしをフィールドにしている大学教員ネットワークなども検討中。
移住・交流推進機構(JOIN)などとも連携していく。

みんなが力を発揮できる環境をつくることが大切。

【質問】
いい政策があるが、地域おこしには長い時間が掛かる。施策のスパーンが少し短いのでは。
細く長く(10年ぐらい)支援してもらう方がいいと思うが。
【回答】
政策的な効果があるなら10年と続いていくと思うが、ひとつの支援が10年になるとコンセンサスが得られるのか?
財政措置はインセンティブでしかない。周りも納得しないのではないか。
本来は、自分のところで資金を捻出してやるべきところ。
補助金があれば、利用したらいいが、基本的には自前でやるべき。

 

【講座に参加した友田の意見】
総務省が本格的に地方や地域をどうするかの本気度が連携を考えている多さからも垣間見えました。
ナナメで見ると他の組織存続のためとも見えなくはないですが、工夫は大いに歓迎されるところです。
本来はその地域で考える問題だと思うので、地域の意見を吸い上げる仕組みや機会が今ひとつ
見えてこなかったのが少し残念です。

 

内容はよかった。 W杯 オランダ戦

投稿日時:2010年06月20日 00:02

友田景です。

カメルーン戦よりもずっと内容的にはよかった。シュートシーンも多く、観戦していて盛り上がることも多かった。前回のカメルーン戦のブログで書いたようにサイドバックの上がりも度々あって、よかった。1失点はGKの川島のミスと言えば、ミスですが、責められないでしょう。松井、長友、闘莉王はかなり通用していた気がします。それにしても岡田監督は、大久保が好きですね。その辺りは僕と違いますね。

途中交代した中村俊輔もあまり機能していなかったように思います。彼はサイドに張って、クロスを供給してくれればいいと思うのですが、どうしても中央でボールを触りたがるので、フィールドをワイドに使えなくなりますね。あとは、玉田よりは森本だと思います。ただ、岡田監督は明確に選手の使い分けをしてますね。そういう意味では、選手にとってはわかりやすく、やりやすいと思います。

次のデンマーク戦では、2-1での勝利を期待します。

 

準備万端

投稿日時:2010年06月19日 20:03

友田景です。

いよいよオランダ戦。ユニフォームを着て、準備万全。僕は松井ファンですが、友達にもらった中村のユニフォームを着ています。遠藤を来ているのは友人のエミくん。

 

熊本出張

投稿日時:2010年06月17日 20:47

友田景です。

昨日、今日と熊本へ出張していました。以前はよく訪問していましたが、2年ぶりぐらいで非常に懐かしかったです。何度行っても素敵なまちで、僕の好きなまちのひとつです。城下町の香りを残した上品さがありますね。

天候にも恵まれた熊本はもう夏で、暑い暑い。通町筋という市街地中心部の並木道には、蝉の鳴声が響いていました。市役所14階から撮影した熊本城です。街中にシンボルがあるのは素敵ですね。広島の前の市民球場もそうでしたが。

 

 

【イベントレポート】Yesナイト ~ネット選挙解禁で、議員・政治・選挙は変えられるのか~

投稿日時:2010年06月16日 14:39

友田景です。

14日の夜に行われたYesプロジェクトのイベントに参加してきました。その内容を報告します。

緊急復活開催!一夜限りのYES!ナイト
 ~ネット選挙解禁で、議員・政治・選挙は変えられるのか~

■パネリスト :世耕弘成(自民党参議院議員)
         鈴木寛(民主党参議院議員)
         浅尾慶一郎(みんなの党衆議院議員)
         堀義人(グロービス代表)
■モデレーター:佐藤大吾(NPO法人ドットジェイピー理事長)

私が長年理事を務めてきたNPO法人ドットジェイピーでは、若年層の投票率向上を
目的に活動しています。2005年から始まった若手起業家を中心とするYesプロジェクト
(「選挙に行こう」、「声を上げよう」、「改革をしよう」の3つのYesを目指して活動)の
協力もして参りました。ドットジェイピーでは、Yesプロジェクトと一緒になって、
ネット選挙解禁の運動を続けてきました。

参議院選挙へ向けて、いよいよネット選挙解禁かという直前に鳩山さんが総理を辞任した影響で、
残念ながら今国会での法案成立ができなくなってしまいました。

現在の公職選挙法では、選挙活動期間(告示日から投票日前日までの間)は、ホームページや
ブログの更新が一切できませんでした。選挙前や選挙後の政治活動期間では、もちろん更新は
大丈夫なのですが、それを選挙期間も可能にしましょうというのが、ネット選挙解禁の要旨です。
ネット選挙解禁が、電子投票というわけではありません。

各議員からは、ネット選挙が解禁されると演説会などの告知が楽になるや多くの人に
聞いてもらえる機会が増えるなどの意見がありました。今回は法案成立できなかったが、
次の大きな選挙までには公職選挙法の改正できるはずと口をそろえていました。

「選挙前に改めて聞きたい。有権者は何を見て、一票を投票すればいいのか?」と
モデレーターの佐藤氏の質問に対し、浅尾氏の「問われているのはハッキリとした3つの路線。
大きな政府or小さな政府、配分重視or活力重視、外交での親中or親米をハッキリと
打ち出しているかが大事。党の中で、振り子がふれているのはおかしい。党はこれで
ぶれないというハッキリとした路線を示すべき。党の中で振り子を振るのをやめる。」との
発言が政策を意識したみんなの党らしい意見でした。
また、堀氏の「今日参加している3人は政党が違うが素晴らしい人。だから政党ではなく、
候補者自身、いい人を選ぶことが大事。何をやってきたのか。実績と言動とその目を見るべき。
企業の人材採用と同じだと思う。」もさすがに経営者の意見だと同感でした。

当日はtwitterで寄せられた質問も取り上げられ、「世代交代という言葉は勇ましいが、
自分が交代時期はどのように考えているのか?」との質問に対し、世耕氏が
「政治しかできない人が政治にしがみついているのはダメ。体力と知力を考えると本当は
あんまり高齢でできる仕事ではないと思っている。それまでに自分のやりたいことにケリつけたい。」
また堀氏の「何のための世代交代なのか?少子化、財政赤字なども問題がある中で、
改革をする意欲が見えない。世代交代が目的ではなく、改革が目的。だから改革することに
積極的な人を選ぶこと」と持論を展開した。

また、「このような場では超党派で議論ができるのに議会ではできないのか?」の質問に対し、
鈴木氏の「議会の中でも超党派的な動きはたくさんある。メディアはそういうのはうれしくない。
対立の構造だけ取り上げる。議員もテレビ入りの時とそうでないときの言葉が違う。
それがマスメディアの役割。だから違うメディアを作るべき。ソーシャルメディア。
政治を消費財と思う人はマスメディア。建設的な議論はネットを含めたソーシャルメディアを
使うようになると言っている。ネットががすごいといってもマスメディアとは100:1ぐらい。
ネットは、いいところも悪いところも明らかにする。ネットは日本社会の縮図。みなさんは当事者であり、
受益者。サイレントノーマルマジョリティがサイレントなのは日本の特徴。例えば、株主総会で、
総会屋的行動を黙って見ている。何%かの変な行動をする人がいる。そのことを黙っていることは、
ソーシャルコストを高めている。だからこそソーシャルメディアを育てていきたい。」という意見が
的を得ていると感じました。

その他、首相公選制や派閥についてなどの議論もありました。最後の堀氏の「政治は政治家に任せてはダメ。
僕たちが声を上げることが重要。民度が問われている。自分が思っていることを発言するべき。
それによって世の中は変わっていく。僕らの力で変えていく。」という意見は、は元議員として同感でした。

個人的な感想としては、登場した3人の議員は早く一緒の党で活動してもらいたいと思います。
それこそ改革を早める方法だと感じました。
Yesプロジェクトについては、今後も引き続き定期的に活動してもらいたいと思います。
楽しい夜でした。

 

次のページ »

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress