HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2010 » 1 月

スタッフ・ブログ

15年の間に・・・(阪神大震災を振り返る)

投稿日時:2010年01月25日 02:43

当時、僕は高校3年生。12月に大学受験を終え、進学先が決まっていたため時間を持て余していた。だから何かできることはないかと翌々日から学校を休んで現地に向かった。1階が三角形になり、2階が滑り落ちている家、電柱が家にめり込んでいる家、コンクリートの塊で押しつぶされて、ぺしゃんこになった車。無残な光景を目にしながら向かった先は、ボランティアセンターに紹介された芦屋市にある津知公園。

住民と同じように現地(公園)のテントで寝泊まりして、炊き出し、支援物資の仕分け、倒壊した家の片付け、などなど。わけもわからず、とにかく1か月ほど夢中で働いた。震災から3週間後に公園内に簡易お風呂ができたときには、嬉しくて涙が出たのを今でも覚えている。

芦屋市立美術博物館で、写真展がやっているとニュースで知り、行ってきた。当時は、過度なマスコミ報道で住民がカメラを嫌がり、ボランティアでは、あまり写真が取れなかったという。住民自身はもちろんそれどころではないので、実は、報道関係以外にそれほど写真がないらしい。

テレビの特番を見て、写真展を見て、思うこと。本当の意味で自分は役に立ったんだろうか?自己満足ではなかっただろうか?自分の中で残っているのは、ボランティアで知り合ったひとりの友人とわずかな記憶。触れ合ったはずの住民の名前は誰も覚えていない。住民の苦しみなど何もわかっていなかった気がする。

写真展のあと、津知公園に行った。10年ぶりぐらいに訪れたが、きれいな公園に生まれ変わって、様変わりしている。当時の面影を残すのは、震災のモニュメントだけ。公園のベンチで家族とお昼ご飯を食べ、子どもと一緒に遊んだ。近所の子どもたちもキャッチボールをしたり、ブランコをしたり、公園は賑わっていた。公園で遊ぶ子どもたちは、15年前を知らない。穏やかな日差しに包まれた公園には穏やかな空気が流れていた。

 

明るい選挙推進協議会

投稿日時:2010年01月21日 23:36

友田景です。

ちょっと気になるニュースです。 『成人式で配られた選挙啓発DVDが「幼稚」と話題 「幼稚と思う若者が多いのは心強い」と協会』 詳しくは、こちらをお読み下さい。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/20/news083.html まぁ、話題になることはいいことですが。こういう風に騒がれることを見越して、この企画をしたのなら大したものだと思います。

選挙前になるといつも駅前でティッシュ配りをしている団体です。「もうちょっと効果的な税金の使い方があるでしょ」といつも思っています。提案を練って、持ち込もうかと考えたこともあります。いつか仕事を手伝わせてもらいたいです。若年層の投票率アップは僕のライフワークにしているので。

よかったらこちらもご覧下さい。 明るい選挙推進協議会のサイト

 

子どもの目は鋭い!

投稿日時:2010年01月18日 20:30

友田景です。

突然ですが、電話の『#』と『*』は何のためにあるのかご存知の人は教えて下さい。3歳9カ月になる長男は、色んな事に興味深々です。昨日、電話を持ってきて「パパ、電話のシャープとアスタリスクはなんであるの?」と聞かれました。シャープとアスタリスクの呼び方は妻から聞いたのでしょう。

少しネットで調べましたが、『#』は、『シャープ』(♯)ではなく、正式には『いげた』や『番号記号』と呼ぶようですね。と、それくらいしかわかりませんでした。使うことと言えば、留守番電話のメッセージの後に『#』を押すぐらいですよね。

子どもは目の付けどころがシャープです。

 

今年最初の読み聞かせ。

投稿日時:2010年01月09日 12:03

木村祐子です。

小学校で、読み聞かせボランティアの活動をしている。年に数回、朝15分位の活動だが、毎回子ども達のキラキラした瞳に心洗われ、こちらの方がエネルギーをもらって帰ってくる。昨日(8日)は、今年最初の活動だった。私が担当した1年生のクラスで読んだ本は「十二支ものがたり」(瀬川康男)。最後にみんなで一緒に「ね・うし・とら・う・・・・」と大きな声で読んだ。今年も、みんな元気に過ごせますように。

 

またもや!サイバーテロ!

投稿日時:2010年01月06日 03:40

木村 乃です。

本ブログのコメント投稿に向けてスパムの嵐が吹き荒れています。現在進行中! 「モロゾフ」のHPが改ざんされたとの報道が昨日あったが、とても気の毒だ。まったく困ったものだ。 3:40現在、18件。

 

伊豆の国市の職員研鑽道場

投稿日時:2010年01月05日 17:59

木村 乃です。

暮れの12/22~12/23。一泊で伊豆の国市・伊豆長岡温泉の宿「はなぶさ」に宿泊してきた。とても気持ちのよい宿だった。今、伊豆の国市の観光マーケティングの調査を実施中なので、ちょうどよい現地視察になった。でも今回の訪問は別の目的。以前にも「代表ブログ」で紹介したことのある「職員研鑽道場」への参加が目的。新人さんも含む若手職員がたくさん参加されているこの道場は、かなり本気モードで政策法務や地域振興のことを自主的に勉強されている集団だ。すごい。12/25には道場の主宰者・菊地雅秋さん(秘書課長)が、関西生産性本部でこの道場のことをお話されてきたとのこと。よい事例研究になったことだろう。ところで、この道場との縁は結構おもしろい。そもそも菊地さんと僕が知り合ったことがきっかけなのだが、その菊地さんは僕のかつての後輩(野村総研)のSくんとも知り合いだった。また、菊地さんは僕の酒飲み仲間でもあるMさんとも知り合いで、彼らも交えての今回の温泉宿泊となった。菊地さんをハブにしてスポークがどんどん増えていく感じ。菊地さんに感謝である。(写真は、宿の正面のウェルカムボード。「研鑽道場」の表記がかっこよかったのでパチリ。宿の正面と宴席の様子)

  

 

アラフィフに突入

投稿日時:2010年01月05日 17:50

木村 乃です。

本日1/5は僕の誕生日。満45歳。アラフィフだ(?)。だから何?・・・そう、そんなことはどうでもいい。なので、無関係な話題を。

先日、横浜のJR十日市場の駅で究極のトマトラーメンを食した。どこが究極なのかはわからないが、まあまあだった。別のところでトマトラーメンを食したこともあったが、あまり違いを感じなかった。むしろ、ラーメンの隣(写真)にある鶏飯の方がうまかったかも。ラーメンはやっぱり普通にラーメンの方がいい。

 

彫刻家(工芸家)の南部治夫さんから素敵な写真が届いた

投稿日時:2010年01月03日 21:43

木村 乃です。

昨年12月6日に訪れた富山市で出会った彫刻家(工芸家)の南部治夫さんから素敵な写真が届いた。ひとつは、JR富山駅地下道で製作された「竹インスタレーション」。インスタレーションとは特定の空間全体を作品として見せる現代美術の手法だそうである。南部さんたちが保全・活用に取り組んでおられる市内の呉羽丘陵から切り出した竹を使った作品である。もうひとつは昨年12月23日のセントラム(ライトレールの市内電車)開業を記念した竹灯籠。素敵な写真なので皆さんにもご覧いただきたい。(写真上2段が竹インスタレーション。下段は竹灯籠)

  

 

  

 

年末年始たったひとつのレジャー 大江戸温泉物語

投稿日時:2010年01月03日 11:26

木村 乃です。

昨年12月30日。何かと仕事で忙しそうな年末年始休暇とはいえ、何かひとつくらいはリラックスしたいな、ということで出かけたのが江東区青海の「大江戸温泉物語」。まあ、満足度は75点。ちょうどお昼くらいに到着したのだが、結構すいていた。ところが、15:00頃に館内から受付ロビーに出てくると、ロビーは人だかり。受付カウンターにも行列。韓国からの団体客がとても多かった。東京の新名所になっているようだ。

 

 

初詣~だるまのおみくじ

投稿日時:2010年01月03日 11:19

木村 乃です。

近所の名刹・称名寺はこんもりとした丘の上にある。ちょっとした里山だ。周辺一帯は市民の森にもなっている。初詣ともなれば大勢の参拝客が訪れるのだが、そのねらいのひとつは「だるまのおみくじ」。だるまの胎内におみくじが入っている。300円。一昨年までは木製だったのだが、昨年からプラ製に。ちょっと残念(いや、ゴミ問題からみれば大いに残念)だが、御利益に変わりはあるまい。昨年のだるまや今年のだるまを皆が境内に置いて帰る。置き方によっては、ちょっと気持ち悪い有様にもなる(写真下段中央)。初詣は、称名寺のほか、近所の町屋神社、八幡神社、州崎神社、そして龍華寺にも参った。写真下段右は「龍華寺」。

  

  

 

次のページ »

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress