HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2009 » 9 月

スタッフ・ブログ

あえて言う。八ツ場ダムのことは地元の意思で決めるべきだ。

投稿日時:2009年09月27日 11:40

さきの総選挙ははじめ地方分権選挙と言われた。東国原-古賀誠ドタバタショーでそのムードはすっと消えてなくなり、民主党マニフェストの子ども給付金だとか高速道路無料化、天下り撲滅、政治主導体制への移行だとかの政策(といっていいかどうか疑問だが・・・)の影に隠れた。八ツ場ダムの問題は、官僚主導・政財(特にゼネコン)癒着から生まれたムダな公共工事としてその象徴的存在となった。・・・が、昨日友人Kとの意見交換で、「この問題の本質は、中央集権的政治・行政体制にある」との結論に至った。そして今もまた中央政府・国交省主導で「中止」が“強要”されようとしている。政権交代による政策変更に伴う発生コストは民主主義の“ロス”として甘受すべきものである。民主的手続きによる政権交代を国民は歓迎した、ということだ。つまり、様々な“ロス”よりも政権交代を望んだということである。したがって、中央集権的政治行政体制を前提とするならば、八ツ場ダムは中止すべきだ。それに異論はない。それでいい。だが、その前提<中央集権的政治行政体制>に疑問がある。たしかに、八ツ場ダムは、官僚主導・政財癒着の象徴的産物なのだろう。しかし、この一地方の治水事業が、外交、防衛・感染症対策等のように地方分権(地方主権)下にあっても中央政府がイニシアティブをとるべき政策対象だと言えるだろうか。地方分権(地方主権)を本気で考えるのならば、八ツ場ダムのことも、この際、地元の意思にゆだねてはどうか。地元にも中止論者は少なくないと聞く。中止を公約した民主党が政権についたことで勢いづいていることだろう。でもそれでいいのか。それは中央集権的政治・行政への依存にほかならないのではないか。継続論者はどうか。対抗すべき相手は民主党政権なのか?地元の中止論者なのではないのか。地域のことは地域で決めるという自治能力が試されているのではないか。そこで提言したい。民主党政権は、「地方自治は中長期の大局に立った自律的意思決定をすることができるか」という大問題を検証するおおがかりな社会実験としてこの八ツ場ダム問題を取り上げてはどうか。群馬県あるいは吾妻郡を「地方主権特別実験区」とし、地方議会・地方行政・地方司法のシステム大変革を構想し実験する。そういう大局に立った建設的解決法を提示すれば、責任ある政権としての民主党政権に対する信頼度はむしろ高まるのではないだろうか。そういう構想力を持たずして現地に国交相を送り込むなどずさんきわまりないやり方だ。前原大臣が気の毒でならない。「国家による生活保障・救済」という解決シナリオでうやむやにしてよい問題ではない。そんなことを繰り返しているようでは、この国に地方主権の時代は来やしない。

 

くいだおれ太郎のプリン

投稿日時:2009年09月27日 11:00

昨日は大阪から友人Kが上京してきてくれた。手土産に持ってきてくれたのが「くいだおれ太郎プリン」。結構おいしいプリンだった。カラメルソースをかけたあとに、カラメルクラッシュというちょっと苦みのあるカリカリの焦がしカラメル?をふりかけて食べる。焼きプリン風だが、それとも違う新食感。スイーツにはとんと疎いぼくも楽しめた。・・・・が、何よりもすごかったのは、そのパッケージ。写真左は外箱。これだけでもつかみ十分だというのに、紙袋には「わての帽子、どこいったんやろう?」とつぶやく帽子をかぶっていないくいだおれ太郎の姿。???と思って外箱を開けると、なんと帽子が!プリンのひとつひとりが帽子をかぶっていた。さらに、食べ方を説明した丸い紙にはくいだおれ太郎の顔が。しかも、この顔。それぞれ全部表情が違う。凝りに凝ったパッケージ。遊び心満載のくいだおれ太郎プリンだった。

  

 

連休、明けたね。

投稿日時:2009年09月24日 10:27

この連休はとてもありがたかった。たまりにたまったデスクワークを処理したり、マンション・アパート探しをしたり。とても充実(?)していた。平日はどうしてもお客様対応で忙しくなってしまう。いきおい、デスクワークが夜~深夜~明け方・・となってしまいがち。これではからだがもちましぇん。財団法人日本生産性本部でも、ずいぶん昔から休日の拡大に取り組んでいる。毎月のように、こういう連休があっても、社会経済にとって支障はないように思う。むしろ、消費拡大のためにはよいのではないだろうか。もちろん、日銭を稼ぎたければ、休日だって仕事はある。無理に休めとは言わないが、少なくともオフィスを(対外的に)開けていなくてもいい、という時間は必要なのではないか。社員研修をするとか、日頃できないブレーンストーミングをやるとか。その時間の過ごし方がオンビジネスであろうとオフであろうとかまわない。要は、「今日は営業日ではない」というシチュエーションが大事なのだ。

 

マンション探し・・・一転、アパートに決まりそう。

投稿日時:2009年09月23日 11:21

やはりRC造のマンションで、1DKか2Kのように2部屋使える物件はあまりない。築30年とかならあるけど、あまりに古ぼけたものはどうも・・・。昨日、心機一転、目線を変えて新しめの木造アパート物件も下見してみた。すると!あった、あった。今回全部で6件を下見したが、はじめて「これだ!」という物件に出会うことができた。6畳、バス・トイレ別なのだが、ロフト(というか屋根裏部屋)が付いていて、これがまあ十分な広さ。おまけに壁埋め込み型のクローゼットまでついている。実質的に2Kの物件だ。家賃は少々高めなので、不動産屋さんにお願いして大家さんと値下げ交渉をしていただくことになった。今週の土曜日(26日)に他の有力候補(9畳の1R)と最終的に比較してから決める予定。百聞は一見にしかず。インターネットの情報ではなく現地下見をしてはじめて、自分の中で決めていたはずの条件さえたやすく変わってしまう。答えは現場にある!仕事でもプライベートでも結局そういうものなんだなぁとしみじみ感じた一日だった。

 

テンジン・ヌルブ絵画展と大谷映芳のブータン・ドルポ写真展

投稿日時:2009年09月22日 11:09

アースワークスソサエティというNPO法人については何度かブログでご紹介した。そのアースワークスソサエティが11月21日(土)~23日(月) 10時~17時に、群馬県の「南牧村活性化センター」で開催するイベントは表題の「テンジン・ヌルブ絵画展」と「大谷映芳のブータン・ドルポ写真展」である。南牧村で「体験型古民家民宿 かじか倶楽部」を経営されている自然人であり、弊社の仕事上のパートナーでもある米田優さんが情報をお寄せくださった。米田さんはアースワークスソサエティの群馬支部を担われている。イベントの詳細は「かじか倶楽部」のホームページでも、アースワークスソサエティのホームページでもご覧いただける。写真は、ネパール・ヒマラヤ出身の画家テンジン・ヌルブ氏の作品。幻想的です。ぼくたちが、どこかに忘れてきた何かを感じさせてくれる、そんな期待が持てる。

 

 

マンション探しの連休

投稿日時:2009年09月22日 10:24

11月から弊社の業務体制を強化する。そのためこの連休中は、事務所兼スタッフ宿泊場所となる賃貸マンションを探している。条件は、RC(鉄筋コンクリート)造、20平米以上、家賃6万円以下。場所は弊社・横浜営業所(横浜市金沢区)近辺。こういう厳しい条件だとなかなかピッタリくる物件が少ない。これだ!と思う1DKの物件があったのだが、タッチの差で成約済。一昨日、昨日といくつかの物件を下見したが、いずれも一長一短。でもグズグズはしていられない。最近TC-CMで盛んに放映している「SUUMO」をご存じだろうか。リクルート社の住宅探しサイトなのだが、従来のCHINTAIとかフォレントとかの住宅検索サイトとは比べものにならない物件数が登録されている。新規参入としてはスゴイことだ。さすが!リクルート。リクルートのビジネスモデルの根幹はその「審査」にある。リクルートの「審査」を経た物件だから「安心」という構図ができている。ゼクシイだって、じゃらんだってそうだ。話が横道に逸れてしまったが、マンション探しの続報はまたこのブログで!

 

21世紀全国生産性フォーラム「世界同時不況からの脱却」(続き)

投稿日時:2009年09月13日 12:08

表題のフォーラムの第2分科会。北川先生からは「継続から断絶へ」というキーワードが提示された。総選挙による政権交代も、この不況も、これまでの価値観やシステムでは継続できない断絶が訪れた、という意味。国民が投票で政権選択をすることができたという事実は、我が国はじまって以来の革命的出来事だと総括できるとのこと。この契機に、あらゆるシステムを変えていこうではないかと。そこで提供されたのが「i-japan戦略~電子政府化」。透明化、効率化、迅速化、権利擁護。行政経営の質向上に欠かせないこれらの課題を一気に解消していこうという。Mr.マニフェストはこれからは「Mr.i-japan」になっていかれるのだろうか。上山先生からは、「改善から改革へ、そして変革へ」というキーワードが提示された。地方自治体は「改革」においては国以上に積極的に取り組んできた。しかしそれはいまだ行政主導の改革でしかない。これからは、地域社会全体が変革の担い手として地域社会を変えていかなければならない。そのためには、経済発展の中軸となるであろう環境技術の重点化、女性の社会参加、とりわけ待機児ゼロと男性の育児休暇取得、1,400兆円の個人資産による内需拡大策が必要だ、との主張をされた。国は地方における改革の実績に学び、変革を後押しする諸制度(地方制度等)を整備し、地方のことは地方に任せる姿勢をもつことが重要だともおっしゃっていた。行政経営の質向上というテーマではあったが、企業経営者にとっても刺激的なディスカッションになったのではないだろうか。

 

 

21世紀全国生産性フォーラム「世界同時不況からの脱却」

投稿日時:2009年09月12日 15:40

先日(9/10)、千代田区神田の「ベルサール神田」というところで「21世紀全国生産性フォーラム『世界同時不況からの脱却』~質を高める社会へ~」というシンポジウムが開催された。日本生産性本部会長の牛尾治朗氏の開会挨拶にはじまるこのフォーラムは、全国の生産性本部(北海道、東北、中部、関西、四国、九州)と日本生産性本部が一体として主催する年に一度の行事だとのこと。ぼくは、このフォーラムの第2分科会「どうすれば行政経営の質を高められるか」~改革ステップから新たな展開へ~のパネリスト兼コーディネーターとして出演してきた。他の2名のパネリストはビッグネームだ。まず上山信一教授(慶應義塾大学)。コンサルタントや企画系に携わっている行政マンで彼の名前を知らない人はまあいないだろう。もう一人は北川正恭教授(早稲田大学大学院)。元・国会議員、元三重県知事の言わずと知ればミスター・マニフェストである。お二人ともおしゃべり好きな方だ。難しいコーディネートになるだろうなあ、と緊張感をもって現場を迎えた。おまけに、直前の基調講演で直嶋正行氏(参議院議員/民主党政調会長)の時間超過があったらしく、20分押してのスタートで終了時間は厳守とのこと。これはまいった。さらにアクシデント(?)が。分科会のテーマがテーマなだけに、私も含めて関係者は行政関係の聴講者が多いだろうと踏んでいたのだが、企業経営者の方が圧倒的に多いことが直前にわかった。話題の持って行き方を工夫しなくてはいけない。開演10分前の打ち合わせで北川先生、上山先生と調整をした。そして本番。なんとすばらしいことに両先生はキッチリと時間を守ってくださった。おかげさまで予定時間ぴったりに終了。有り難いことだ。無事終了してよかった。内容についてはまた改めて。(写真は左から、上山信一教授、ぼく、北川正恭教授。手前は上山先生のデイバッグ。)

 

公益社団法人 日本フィランソロピー協会 高橋理事長

投稿日時:2009年09月11日 17:57

先日、お世話になっている株式会社丹青社の宮下氏にご紹介いただいて、公益社団法人日本フィランソロピー協会の高橋理事長と食事をする機会を得た。CSR、社会貢献コンサルティングを標榜している弊社としては、ビッグネームの協会理事長さんと面識を得たことはとても大きな意味がある。いろんな意見交換をすることができた。今後の社会貢献=スポンサーマッチングを協働していけそうな話にもなった。この会合でいちばん盛り上がったのは、「だいたい」というニュアンスをめぐる会話だった。今の世の中はギスギスしていてせちがらい。神経質にすぎる。「だいたい」でいいじゃないか、といった具合。これをもう少し具体的なキーワードで示すと、「任せる」「育てる」「待つ」「許す」という意味なんじゃないか、ということになった。四・四・二・三で語呂もいい。ほんの数時間ではあったが、ご経験豊富な方との会話では何気ない話題から、ぐっと本質に迫っていく勢いがつく。とてもエキサイティングな食事会だった。(写真は、新橋の「あんどう」で食したお造り)

 

知人のブログ紹介 「企業変革コンサルティングの社長日記」

投稿日時:2009年09月11日 14:29

8月11日付ブログでご紹介したコンサルティング会社・社長さんの個人ブログ。嬉しいことに、ぼくのブログをきっかけにブログを始められたとのこと。いま、この方とある仕事を仕込み中だ。おもしろいことになると思う。アメーバブログなのだが、ペタの数がとても多くて驚いた。人脈の広さ、人柄のよさがなければ、こうはならない。

http://ameblo.jp/hirokiono/

 

次のページ »

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress