HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 2009 » 2 月 » 09

スタッフ・ブログ

Can World’s Strongest Dad

投稿日時:2009年02月09日 14:39

世界最強の父親。このタイトルの動画を一昨日の「お母さん大学 決起集会」冒頭で観せてもらった。4分程度の映像だが、たまらない気持ちにさせられる。どうたまらないかというと、「オレもやらなきゃ」という気持ちと「オレにそれをやれっていうのか」という気持ち、そして「オレにはできない」という気持ちが複雑に絡み合ってしまったたまらなさだ。出産時のトラブルが原因で四肢の自由がきかない息子がマラソンを走りたいと言い出す。1Km走るのも厳しいというほど運動していない父だったが、トレーニングを重ね、ついに息子を乗せた車いすを押しながら8Kmのマラソンに挑む。息子は自分自身が走っているように実感し、四肢の自由を得たかのように喜ぶ。父はその後トライアスロンに挑戦する。息子を乗せたゴムボートを引っ張りながら泳ぎ、息子をハンドルカゴに乗せて自転車で走り、息子を乗せた車いすを押しながらフルマラソンを走る。息子の笑顔がみたい。それだけがモチベーションの源泉である。とても真似できない。心を揺さぶられる実話ではあろうが、感情移入するのは難しい。動画はいろんなサイトで観ることができるようだが、著作権問題が生じているようなのでここでリンクを張るのは遠慮しておく。「Can World’s Strongest Dad」で検索してほしい。観ないよりも観た方が絶対にいい。そのことだけは言える。

 

日本フットパス協会

投稿日時:2009年02月09日 11:04

「フットパスとイギリスで発祥した「歩くことを楽しむための道」のことで、農村部を中心に、イギリス国内を網の目のように走っている公共の散歩道です。 長いものだと160kmも続くものもあります。川や丘は当然ですが、農場や自宅の敷地内を通る道もあり、英国国民にフットパスを大切にする文化が醸成されています」(山形河川国道事務所「最上川電子大辞典」HPから引用)

一昨日(2/7・土)、東京都町田市で「日本フットパス協会」設立シンポジウムが開催された。前出の「お母さん大学決起集会」に参加していたため、シンポジウムには出席できず、続いて開催された懇親会に出席した。かつてのクライアントだった町田市役所で現在教育部長をしている安藤氏に誘われての参加だった。町田市役所では経済観光部を挙げて協力をし、石坂市長も出席していた。そのほかにも、やはりかつてのクライアントだった現・経済環境部長の尾留川市や小池主幹、羽生さんや牛腸さんらにも半年ぶりに再会できた。町田市にはもともと「NPO法人みどりのゆび」がある。「多摩丘陵や日本の里山が美しい風景や緑に満ちた道で繋がっていくことを願っています。そして、このみどりのまちづくりによって日本中のまちや人々がゆたかで幸せになることを目指しています。また、緑地保全ばかりでなく、緑の主な担い手である農業者に安心して農業を営める将来を、市民に健康で安全で豊かな生活を、そして未来の子供対に緑を残す“しくみ創り”を実現するために、「みどりのゆび基金」の設立、税制や都市計画法の改正支援、安全な食物の流通設計、環境教育など、様々な事業や活動を行います。」(同法人HPより引用)という団体だ。この団体が中核となって全国のフットパス推進団体・グループとともに「日本フットパス協会」を設立したというわけである。いろんな活動があるのだなぁというのが率直な感想。そして、たしかに大切な活動だなぁというのがもうひとつの感想。全国へのネットワーク展開や体制づくりにこれから取り組んでいくそうである。そのためにはコーディネート機能、リサーチ機能、コンサルティング機能が必要になる。資金調達も重要課題だ。ぼくがやるべき仕事は世の中にまだまだたくさんある。そんなことを実感した。

 

お母さん大学

投稿日時:2009年02月09日 10:46

一昨日(2/7・土)、世田谷区等々力のジブラルタ生命坂口ラーニングセンターで「お母さん大学決起集会~百万母力プロジェクト~」が開催された。100名以上は参加していただろうか。主催は「お母さん大学」。「お母さん業界新聞」を発行している株式会社トランタンネットワーク新聞社が昨年の春からスタートさせた“全国のお母さんを元気にする”プロジェクトである。「お母さん業界新聞」紙面に「お父さん学科」とタイトルでコラムを連載しているご縁があって参加してきた。目玉イベントはF1レーサーの中野信次さんをゲストに招いてのトークだったようだが、ぼくは第2部の「全国お母さん記者たちのリレートーク」がおもしろかった。自分の奥さんにはあまり感じなかったのだが、お母さんたちの中には、出産して育児に専念しなければならない時期にはいろんな自問自答、悩みをもつらしい。特に若くしてお母さんになった女性は、友達はおしゃれをして生き生きと楽しんでいるのに、なんで自分だけがこんなふうに家に閉じこもって子供の面倒をみているだけなんだろう。。といったブルーな気持ちになりがちなのだそうである。そういうときに偶然「お母さん業界新聞」を目にする。すると、「お母さん業界っていうのがあるんだったら私も立派な業界人じゃん! それも2人目を育てているってことだからベテラン業界人!」、「お母さんだって夢を持ってもいいんだ。」など、まさに目からウロコ、気持ちが大いに晴れるらしい。そういったエピソードが次々と「お母さん大学の学生」たちから聞くことができた。お母さんではない男のぼくにはよくわからないが、たいそう感激するものらしい。「メール戦隊M4」というチームがあり、月曜日から金曜日まで毎朝8時きっかりにメール版お母さん業界新聞を配信している。お母さんたちは毎朝忙しくてちょっと憂鬱になっていることも多い。そんな朝、何気ないメッセージを載せたメールが届くと「ちょっと元気になれる」そうだ。今朝からぼくのところにも届いているが、何となくわかる気がする。お母さん方にも、お父さん方にも試しに受信登録をしてみることをおすすめします。ちなみに、このお母さん大学の学生たち、決起集会のあと翌朝の4:30頃まで盛り上がっていたらしい。パワー全開だ。日頃の鬱憤がはじけたか!北海道、九州を含む全国から集まったお母さん方。帰宅したら、留守を預かった旦那さんたちに「東京まで行かせてくれてありがとう」と言ってやってください。1週間くらいは円満な日常が遅れると思うから。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress