HOME > スタッフ・ブログ 「世遊綽々」 > » 新現役の会

スタッフ・ブログ

新現役の会

投稿日時:2008年08月31日 13:45


九州は福岡県に久留米市というまちがある。松田聖子やチェッカーズの出身地だ。あの「東芝」発祥の地でもある。このまちを拠点として活動している団体に「新現役の会」がある。代表の古賀直樹さんとは6年来のおつきあいである。人生80年時代。60歳で定年という企業の雇用システムはともかく、60歳が人生の定年であろうはずがない。知恵も知識も技術もノウハウも、そしての人脈ももつ「リタイア層」が社会人としての現役を退くにはまだまだ早すぎる。「新現役」として次の社会的役割を担おうではないか。「新現役の会」はそういうネットワークだ。「団塊よ、これからが本番、ジタバタしようぜ!」を合い言葉に、地域の観光振興などのまちづくり、地域歴史資産のアーカイブなどの活動を活発に展開されている。日本は世界に先駆ける高齢大国だ。この日本で「新現役」のあり方を実践的に示すことをは世界の範となりうる。同会の代表であり、米国に本部を置くシニアネットの理事、シニアネットジャパンの代表でもある古賀直樹さんはそう意欲を語る。昨日書いたBRジャパンの北里会長も古賀さんの問題意識に共鳴されていた。60歳以上のシニアのネットワーク。その価値は限りなく高いような気がする。

 

このぺージのTOPへ

 RSS

スタッフ・ブログ 「世遊綽々」
Powered by WordPress